クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

「スタークラフト」でAIと元世界1位プロゲーマーの対決が実現。結果は・・・

10月31日、韓国の世宗大学で「人間対人工知能によるスタークラフト対決」が行われた。結果は、4勝0敗で人間側の完封勝利となった。...

リアルレーシングゲームは『eスポーツの新境地』を開拓できる可能性がある

近年のゲーム業界のトレンドの一つが「eスポーツ」で成長著しいが、レーシングゲームがそんなeスポーツの新境地を開拓できるかもしれない。本稿で詳しく紹介する。グランツーリスモをプレイするマックス・フェルスタッペン (プロレーシングドライバー)...

韓国で営利目的の「ゲームプレイ代行」を処罰する法律が発案される

韓国の国会議員9名が「ゲーム産業振興に関する法律」の改正案を発議し、その中に「営利を目的としてゲーム代行を斡旋、提供する業者を処罰する」という内容が盛り込まれたことが明らかになった。...

マクラーレンF1チームとロジテック、eスポーツ大会開催を発表。勝者には本物のF1マシン開発協力を依頼

イギリスのF1チーム及び自動車メーカー・マクラーレンとスイスのコンピュータ周辺機器メーカーのロジテックは、レーシングゲームの大会「World Fastest Gamer」を開催すると発表した。優勝者にはF1マシンのシミュレータードライバーの仕事を契約できる権利が与えられる。...

LoLプロゲーマー FakerがTwitchで配信→同時視聴者20万人超え

韓国のeスポーツチームSK Telecom T1が2017年2月6日よりTwitchに各プレイヤーのチャンネルをオープンし、ゲームの実況プレイの配信を開始した。トッププレイヤーのFakerの配信には、まるでeスポーツ大会の中継並の20万人以上もの視聴者が集まった。...

メジャーリーグの技術部門、LoLのeスポーツ映像配信の商業化に関してRiot Gamesと年間50億円以上で長期契約

Riot Gamesは、MOBA「League of Legends」のeスポーツに関する商業契約を、MLB Advanced Mediaの子会社BAMTechと締結したと発表した。契約は2023年までで、最低でも年間5000万ドル(約58億円)となっている。...

LoL 日本のDetonatioNも参戦するIWCIが4月17日より開催

League of Legendsの国際選抜大会「Mid-Season Invitational」へのワイルドカード枠出場権をかけて行われる「2016 International Wild Card Invitational」(IWCI)が日本時間の4月17日~4月24日(現地時間:4月16日~4月23日)に開催される。...

LJL 2部リーグ参加チームのH1RoN選手 Twitter上での人種差別発言により出場資格剥奪

Riot Gamesは、Dragonfly Gaming所属のH1RoN選手について、Twitterで人種差別に当たる発言をしていたことが判明したため、現在処罰について検討中で、正式な処罰が決まるまでLeague of Legends Japan Leagueへの出場資格を剥奪することを明らかにした。▼H1RoN選手のTwitter...

LoL WCS2015の累計視聴数は4週間で3億3400万。決勝の同時視聴者数は1400万人

Riot Gamesは、2015年10月に行われたLeague of Legendsのワールドチャンピオンシップの累計視聴数が3億3400万アクセスに達し、平均の同時視聴者数が420万人、決勝戦の最大同時視聴者数は1400万人だったと発表した。...

eスポーツイベント Dreamhackでプロゲーマーと記者の間で暴行事件・・・警察沙汰に

11月末にスウェーデンで開催されたeスポーツのイベントDreamhack Winterで、LoLのジャーナリストとDota 2のプロゲーマーの間で暴行事件が発生し、警察沙汰になる騒ぎとなった。...