クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

海外サイトが選んだ「ゲーム史に残るMMOの失敗」 10選

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外のPCゲーム専門情報サイトPC Gamerの「The biggest MMO failures in history」という記事を紹介。

海外サイトが選んだ、ゲーム史に残る失敗を経験したMMOとは?

worstmmofailureinthehistory.jpg

Motor City Online


2001~2003

motorcityonline_1.jpg


Test Drive UnlimitedやThe Crewのような、オープンワールドのレースゲームが登場するよりも遙か昔にEAが制作したのがMotor City Onlineだった。

RPGのような経済システムを取り入れたり斬新と言えば斬新だったものの、ゲーマーのニーズとは一致せず。
また、本当に自由にドライブができるフィールドが存在せず、月額課金制で敷居が高く、さらにラグによって対戦相手の車がワープするといった問題もあった。

2003年にサービス終了。EAのMMO失敗の連鎖の始まりである。



Earth and Beyond


2002~2004

earthandbeyond_gameplay.jpg


EVE Onlineよりも前に、ファンタジーではなくSFや宇宙探索の要素をMMORPGに取り入れたゲームで、宇宙船を操作して探索をすることができた。EVEよりも控えめだがEVEよりも親切なゲームデザインだった。

商業的には成功とは言えなかったが、ゲーム自体にこれといった大きな問題もなく、突如としてサービスが終了した。
当時のEAの管理構造がゲームを終了させたと言われている。

Earth and BeyondはWestwood Studiosの最後のゲームであり、同社はこの後EAに吸収されることになる。



Star Wars Galaxies


2003~2011

swg_failure_with_nge.jpeg


スターウォーズ ギャラクシーズは、2003年当時としてはリアルで豊かなグラフィックスと壮大なサウンドトラック、巨大な世界、複雑なスキルシステム、ゲーム内の経済、サンドボックスのアプローチが高く評価されたMMORPGだった。

複雑すぎると批判されてもいたが、非常にユニークであったため、ゲーマーから特に愛されていたMMORPGの一つに数えられる。また、商業的にも当時としては十分な月額課金者を得ることができていた。

しかし、2005年に悪名高い「NGE」(New Game Enhancements)システムが導入された事が転換点となる。SWGのユニークな職業システムも、ユーザーインターフェイスもスキルシステムも戦闘も大きく変更するアップデートだった。

NGEは複雑と批判されたゲームシステムを簡素化するアップデートだったが、既存のコミュニティはこれに反発。
結果、ベテランプレイヤーたちがゲームを去ってしまうという月額制のゲームとしては致命的な事態を招いた。

SOE(現Daybreak Game)の社長であるジョン・スメドレー氏は、後にこの変更について謝罪、開発チームがファンの意見に耳を傾けなかったことを後悔していると明かした。しかし、時既に遅しだった。

SOEとルーカス・フィルムのライセンス契約が切れた2011年にサービスを終了した。




The Matrix Online


2005~2009

thematrixonliness.jpg


大ヒットした映画「マトリックス」の世界観を再現したオンラインゲーム。
2005年以前のMMOと比較すると、戦闘は流動的で、マトリックスの映画のアクションをなんとかオンラインゲームに上手く落としこむことができていた。

マトリックスのゲームということで注目を集めたものの、実際には少し変わったぱっとしないMMOであったため、徐々にプレイヤーが離れていった。マトリックスオンラインは、中途半端な成功ではMMOを維持していくのは難しいという良い例だと言える。

サービス終了の直前のお別れイベントでは、サーバーの不具合に見まわれ、最後のシネマティックエンディングはラグに見まわれ、マトリックスオンラインの生き様そのものを反映した最後だった。



Tabula Rasa


2007~2009

tabularasa_screenshots.jpg


ウルティマシリーズの生みの親であるリチャード・ギャリオットが関わっているということで注目を集めたSF-MMORPG。
TPSのような戦闘スタイルをMMORPGに持ち込み、一定の評価を受けた。

しかし、エグゼクティブ・プロデューサーのギャリオット氏とパブリッシャーのNCSOFTとの間の軋轢が、開発の過程でゲームを内側から蝕んでいった。

ギャリオット氏はTabula Rasaをグローバルタイトルにしたいと考えていた一方で、NCSOFTはTabula Rasaをアジア市場でもヒットできるようにしたいと考え、両者の考えが食い違った。
まだ欧米で成功する前からアジア市場を意識させられ、数百万ドルと数年間を無駄にしたとギャリオット氏は語っている。

ゲームが発売されると、大量のバグや中途半端な部分が目立つことになり、Tabula Rasaは商業的な成功を収めることなく、2009年にサービスが終了した。

ギャリオット氏はNCSOFTに開発会社を解雇させられたが、NCSOFTはギャリオット氏に辞意があったと主張、ギャリオット氏はNCSOFTが契約違反をしたとして訴訟、最終的にギャリオット氏が勝訴し2800万ドルの賠償金を得ることになった。




Hellgate: London


2007~2008

hellgatelondon_scs.jpg


ロンドンを舞台にした終末モノのハクスラ系アクションRPGで、かつてBlizzard EntertainmentでWarcraftやDiablo、Starcraftといった数々の名作のプロデューサーを務めたBill Roper氏の新作として大きな注目を集めた。

世界各国でのリリースが予定され、多額の予算がマーケティングやマーチャンダイジングに費やされた。しかし、HellgateにはプランBがなく、まさに全てを賭けていたのだった。

Hellgate自体はそこまで悪いゲームではなく、ロンチ時にバグやサーバーの問題に悩まされることもほとんどなかった。
ただ単に、期待されていたほど面白いゲームではなかったというだけだった。ゲームの評価も中途半端なものだった。

2007年10月に北米サービス開始後、なんと2008年8月に開発元のFlagship Studiosが破産し閉鎖。

欧米でのサービスは終わりを迎えたが、その後韓国のハンビットが権利を買収し、基本プレイ無料の「Hellgate London: Resurrection」として韓国で2008年にサービスを開始した。そして日本でも2010年にサービスを開始し、2013年にサービスを終了した。




Vanguard: Saga of Heroes


2007~2014

vgd_soh_soe.jpg


ヴァンガードは、エバークエストのデザイナーだったBrad McQuaid氏が設立したSigil Games Onlineが開発したファンタジーMMORPG。2007年当時のMMORPGとしては珍しく、マップがゾーンに分かれておらずロードなしで各地域を移動でき、さらにインスタンス空間も存在しないゲームデザインだった。

もともとマイクロソフトとの契約の下に開発されていたゲームだったが契約が破綻。その後、今はなきソニー・オンライン・エンタテインメントが権利を買い取り、開発が継続された。
かつてSOEでエバークエストを開発していたBrad McQuaid氏とSOEが再び手を組む。注目はさらに高まった。

しかし、SOEがリリースをあまりにも急ぎすぎたため、山のようなバグが残っており、とてもゲームがプレイできる状況ではなかった。ゲームの最適化も酷い有様だった。

2007年にはGameSpyから「最もがっかりしたゲーム」という不名誉な賞を受賞。さらに、MMORPG.comから2007年のワーストMMOに選定された。

長年かけてゲームのバグは修正されていったが、ゲームが人気を取り戻すことはなかった。それでも、2014年まで7年間も続いたのは奇跡的だと言える。




Warhammer Online: Age of Reckoning


2008~2013

pic_warhammerageofreckoning.jpg


Dark Age of Camelotの開発を担当したMythic Entertainmentが手掛けるということで、"WoWキラー"との呼び声も高かった本作。

大勢のプレイヤーが一緒になって攻略するパブリッククエストのような斬新なシステムを取り入れたWarhammer Onlineだったが、本作が強調していたRvRや大規模なPvPよりも全体的にしっかりとしたMMORPGの体験を求めているプレイヤーが多かったようで、Warhammer Onlineは大きな成功を収めることはできなかった。

ウォーハンマーの権利を保有するGames WorkshopとEAの契約が切れた2013年、サービスが終了した。




FINAL FANTASY XIV


2010~2012

worstmmofailureinthehistory.jpg


2009年のE3で電撃発表され、その翌年にはもう発売されたファイナルファンタジー14だったが、とても2010年のMMORPGとは思えないようなユーザーインターフェイスとレスポンスの悪さ、退屈なゲームデザイン、魅力のないフィールドなど、スクウェア・エニックスのイメージを地の底まで落とし、ファイナルファンタジーシリーズの終焉ではないかと言われるほどの失敗作だった。

現在プロデューサーの吉田直樹氏ですら初めて旧FF14を見た時はその酷さに驚愕したと語っている。

月額課金制だったが、ゲームのあまりの惨状に一時的に無料化され、開発チームも見直されて、「新生エオルゼア」としてゲームを作り直すことになった。同時に旧FF14の改善も行われた。

一度ゲームサービスを終了させ、同じ世界でストーリーを継続させつつも、あらゆる部分を見なおして「新生」させ、地に落ちていた人気も回復させるという離れ業をやってのけたことは、海外の多くの業界関係者を驚かせた。

MMO史に残る失敗と復活劇の両方を経験したFF14は稀有な存在だと言える。




APB: Reloaded


2010~

abp_reloaded_failureandbeyond.jpg


「グランド・セフト・オート」や「クラックダウン」のクリエイターらによって開発されたAPB(All Points Bulletin)は、オンライン版グランド・セフト・オートとも呼ばれ期待されたが、フタを開けてみれば酷い操作性とバランスの悪さが目立つ結果に。海外メディアのレビューでは平均58点というかなり低い評価。「ゲームがまだ未完成のように思える」という理由だった。

開発元のRealtime Worldsが経営難で危機的状況に陥り、2010年6月のサービス開始後、わずか3ヶ月でサービスが終了することに。

その後、K2 NetworkがAPBの権利を150万ポンドで買収したことで開発会社が一命をとりとめ、2011年に「APB: Reloaded」として不死鳥のごとく舞い戻ってきた。
しかし、課金アイテムによってバランスの悪い状況にあり、ゲーム本来のポテンシャルは活かされていないようだ。

そして2013年にはグランド・セフト・オートVのマルチプレイヤーで「グランド・セフト・オート オンライン」が本当に登場してしまった。

2016年にはPS4版とXbox One版のロンチも予定されているが・・・


引用元:PC Gamer
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンワールドのレースゲーてオフでこれ以前にGTやらレーシングラグーンやらあっての流れだよな
スペオペRPGなんかも90年代前半にはマイクロプローズやらが出してる
[ 2016/02/08 23:43 ] [ 編集 ]
さすがに2000年代前半の日本未発ゲームは知らないのが多いな
オンラインゲームブームの時期だっけ?
ラグナロクとかFF11とか丁度この頃だった気がする
[ 2016/02/08 23:58 ] [ 編集 ]
Hellgateはちょっとだけやってたわ
[ 2016/02/09 00:13 ] [ 編集 ]
ヘルゲート覚えてるな
なんか評価だけはやたら高かった覚えがあるわ
[ 2016/02/09 00:39 ] [ 編集 ]
不祥事以外となると難しいな。
旧FF14くらいしか思いつかん。
[ 2016/02/09 02:21 ] [ 編集 ]
中小規模の欧米産MMOは日本語ローカライズされないから
こうやって欧米サイトが選ぶゲームは日本では全然知られてないのよね
[ 2016/02/09 04:16 ] [ 編集 ]
Warhammer Online
>本作が強調していたRvRや大規模なPvPよりも
>全体的にしっかりとしたMMORPGの体験を求めているプレイヤーが多かった

なんか評価が真逆なような。
Warhammer Onlineは キャラの造形もクエストの内容も
Warhammerの世界を忠実に表現してMMORPGとしての評価は高かった

だけど対人要素がクソ
DAoCで流行した少数Grpでの 遭遇戦を期待してた人が多かったけど
Warはお互いに 大群で 砦を取り合うようなデザインになってて
その結果 無人の砦を落として回る空き巣オンラインへ

さらに RvRでの最終目標の首都決戦が PvPじゃなくて 硬くて範囲攻撃してくるだけのNPCが相手
と知ったときは 呆れた。

その後は知らない
[ 2016/02/09 07:28 ] [ 編集 ]
HellGateよかったんだけどな。出したタイミング(時代)とスペックをそこそこ要求されるとかその辺でのかみ合いが悪かったために芽が出る前に終わった不運なゲームだと思う。
[ 2016/02/09 11:12 ] [ 編集 ]
自分にとってSWGは今でも至高のMMOです。。。
スキル制だったので組み合わせ次第でJediを手玉に取ったり
好きな場所に家が建てられたり、友達と村を作ったりして遊んだなぁ。
しかもJediが隠し職業扱いだったのも良かった。
[ 2016/02/09 11:46 ] [ 編集 ]
SWGの大失敗そのままをなぞったのが現行のROだと聞く
それでも未だその代わりが無いからギリギリ1万前後の接続数みたいだな
更に開発陣から昔のROのよかった部分を引き継ぐかと思われたTOSが
量産仕様でクソバランスに未完成状態と
引き継ぐどころか退化しかしてないありさま

客層の勘違いと目先の集金ばかりの手抜きで本当にこの業界はお先真っ暗だな
[ 2016/02/09 14:40 ] [ 編集 ]
あくまで欧米視点だからRO2は入ってないのかな
[ 2016/02/09 19:24 ] [ 編集 ]
逆転復活に成功したFF14は本当に奇跡のような作品なんだな
[ 2016/02/09 19:32 ] [ 編集 ]
タビュララサやヘルゲートなんか日本でも結構注目されてたのにな
失敗して終了したオンゲは数え切れないくらいあるが、失敗から立て直せたのってFF14くらいなのか
[ 2016/02/09 21:56 ] [ 編集 ]
Star Wars Galaxiesはユーザーコミュニティからも、業界人からも嫌われてる。
なんたって、ゲーム性が変わったことからユーザーがアンチ化し、執拗に嫌がらせし続けた結果、開発者が鬱になって妻と子供を残して自殺したからね。
存在自体が黒歴史だ。
[ 2016/02/09 22:08 ] [ 編集 ]
>失敗して終了したオンゲは数え切れないくらいあるが、失敗から立て直せたのってFF14くらいなのか
そもそもメンツの問題で意地でも潰せないなんて次元でリソースを避けるほどのテコ入れが行われた例自体が少ないからね
看板の掛け替えやらを経つつダラダラ運営しながらって例はいろいろあるけど
[ 2016/02/10 00:10 ] [ 編集 ]
FF14の復活はよかった。MMOというジャンル自体に陰りが見えていた時代であったにも関わらず、見事にそれをひっくり返して人を集めた。
久しぶりにMMOをやったと思えるタイトルだった。

RO世代だった自分としては、ToSが似たようなものであればプレイしてみたいと思っていたんだけど、ふたを開けてみれば課金アイテム買ってね♪
というだけのつまらんゲームになっているようでまるで興味をひかれなくなってしまった。
いわゆるソシャゲが集金においてそれ以上無い程の成果をだしているので、もう昔のような手の込んだ内容で惹きつけるようなゲームは生まれないんだろう。
[ 2016/02/10 00:58 ] [ 編集 ]
昔のMMOの方が内容薄っぺらで
マゾい時間稼ぎだけのゲームばかりだったと思うんだが・・・

それ以上にハードルが上がり過ぎてる
ユーザーがコア化してMMO経験者ばかりだからね
[ 2016/02/10 07:14 ] [ 編集 ]
復活してもクソしょうもないFF14・・・昔のというとこれっていうのはUOしかないな
ROとか楽しませてもらったけど内容はハムスターといわれたら否定できないなぁ
まぁ人が大分擦れたよね、失敗っていうと消滅したMMOしかでてこない
[ 2016/02/10 11:32 ] [ 編集 ]
スターウォーズは死んだけどスタートレックの方はまだサービス続いてるんだな。
[ 2016/02/10 14:58 ] [ 編集 ]
>>失敗して終了したオンゲは数え切れないくらいあるが、失敗から立て直せたのってFF14くらいなのか

ローンチと同時に失敗したタイトルはユーザーに忘れ去られるから、そもそも立て直そうとする会社ってほとんどいないんだよ。やって延命措置ぐらい。

吉Pは9割作りなおしたって言うし、根性版プレイヤーは新生に無料で移行できたし、根性版では発売を断念したコンシューマー版を用意して、タイトル名まで変えた。
そしてその結果、社長自らHDタイトルに1~2年の開発遅延がでたと明言したほどだから、今後も失敗後ここまでやる会社は出てこないと思う。
[ 2016/02/10 23:20 ] [ 編集 ]
FF14は開発や運営側からしても特別なタイトルで
開発運営がほぼ全員がおそらく子供の頃にプレイしてあこがれたタイトルだったからこそ
実現できたようなもの。あれだけ盛大に爆死したタイトルを作り直す案はまず通らないし
ほぼゼロから作りなおすならば別タイトルで作るだろう
[ 2016/02/11 02:00 ] [ 編集 ]
>昔のMMOの方が内容薄っぺらで
>マゾい時間稼ぎだけのゲームばかりだったと思うんだが・・・

基本がしっかりしてなくてもイベントとガチャで煽ったら普通に商売成り立っちゃうからなあ
一時的にバランス崩壊させるよう様なイベを繰り返すより普段が面白くあるべきなんだがユーザーが望む始末
あまつさえクラス内でバリエーション出せるようにした日には理解できないとか
不遇ハズレ引いたで大騒ぎ、PT組むのに職でわからないからいらないとかいいだすし
割れ鍋に綴じ蓋状態
[ 2016/02/11 14:15 ] [ 編集 ]
FF14は絶対に失敗してはならないブランドネームだったからこそ
シリーズナンバリングをMMOにするのは博打だということだよな
[ 2016/02/11 15:27 ] [ 編集 ]
というかロンチは新生するからっつって人集めれたんじゃ?
おまけに据え置きユーザーにとっては初めてのFF14だったしブランドイメージは別に悪くなってはないと思うけど
[ 2016/02/11 20:55 ] [ 編集 ]
顔焼き事件ははいってないんだなww
[ 2016/02/12 00:09 ] [ 編集 ]
実は、立て直せたMMOは、FF14だけじゃないんだよ。

Marvel Heroes も最初は酷評されていた。
メタスコアも、6点ぐらいだった。
ディアブロ視点のMMOだったし、コンテンツ不足だったため
最初は理解されていなかった。
最初は「ただのキャラゲー」だと思われていた。

しかし現在はメタスコアも、8.1点になっており
毎年、色んな賞を受賞している。
Steamでも大好評を得ている。

その後、数年間ぐらい大絶賛されていたが、
2017年に大規模な改変が行なわれ、
また酷評が続くようになり、現在は先行きが不安定になっている。

アップデートで失敗したMMO

・ギルドウォーズ2
・SWG
・Marvel Heroes

下手にアップデートで改変すると失敗する場合もある。
[ 2017/01/28 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: