クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

MOアクション「ASKER」の最新映像が複数公開 10月に韓国でCBT

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Neowiz Gamesは、Neowiz CRSが開発中のMOアクションRPG「ASKER」(アスカー)のPvP・ボス戦・クラス別戦闘映像をそれぞれ公開した。

asker_videos_sep2nd.jpg


▼ASKER オープニングムービー



▼ASKER ボス戦&PvP映像



▼ASKER グラディエーター ゲームプレイ



▼ASKER アサシン ゲームプレイ



▼ASKER バトルメイジ ゲームプレイ


ASKERは10月7日~10月10日に韓国で第1次クローズドβテストを実施予定


プレスカンファレンス Q&Aまとめ

  • ゲームのあらすじは「中世時代のXファイル」という感じ
  • リアルタイムの物理演算を使用したアクションがASKERの特徴
  • マップに配置されたオブジェクトがプレイヤーの攻撃で破壊されるのはもちろん、他のオブジェクトがぶつかることでも破壊される
  • モンスターの腕や足をにオブジェクトをぶつけた時の反応もそれぞれ異なる
  • オブジェクトの重さや強度によってもダメージが異なる
  • モンスターを投げて壁が壊れて瓦礫が落ちてきた場合、投げた時のダメージ、壁にぶつかった時のダメージ、瓦礫の落下によるダメージといった風に2次、3次のダメージが発生する
  • MOアクションのウィークポイントである「繰り返すうちに退屈になってくる」という問題を解決するための「ワールドダイナミックシステム」
  • ワールドダイナミックシステムにより、同じステージでも構成要素が毎回変化する
  • モンスターの構成、AI、パターン、使用スキル、トラップなどが毎回変化するように設計されている
  • ASKERではスキルモーションが終わる前に連携攻撃を入れることが可能
  • バトルメイジの場合、スキルを詠唱しながら移動すると広範囲に効果的にダメージを与えられる
  • CBTでは3クラス。コンセプトでは6つのクラスが用意されている
  • ASKERでは物理演算によって、戦闘は100%の同期が可能
  • 「ラグのせいで当たり判定がずれている」という状況が発生しづらい
  • PvPでは2つのチームがお互いの守護塔を守るディフェンスモードがある
  • 1次CBTの最高レベルは20。約10時間程度
  • 2次CBTはおそらく2015年の第1四半期
  • 要求スペックはデュアルコアCPU+GTX 460程度。最適化を進めているのでさらに低い仕様でもプレイ可能になる
  • 2013年は開発スタッフ40人程度だった
  • 現在は中国サービスの担当要員を含めると80人程度
  • R&Dを除くと開発期間は3年弱

ASKER 韓国公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: