クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

スクエニ スマホで同社のタイトルをプレイできるクラウドゲーミングサービスを10月開始

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
スクウェア・エニックスは、スマートフォンやタブレット端末で同社のゲームをプレイできるクラウドストリーミングサービス「DIVE IN」を2014年10月9日より開始すると発表した

diveinlogo.jpeg


DIVE IN 公式サイト

DIVE INでは、「ファイナルファンタジーXIII」や「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」「Season OF Mystery:The Cherry Blossom Murders」などが配信される予定となっている。

料金は定額制となっており、3日、10日、30日、365日のプレイチケットのいずれかを購入する必要がある。
ファイナルファンタジー13の場合、3日で250円+税、10日で510円+税、30日で1250円+税、365日で1800円+税となっている

diveinfirstlineup.png

なお、全てのゲームは30分間無料で体験することが可能

今後は、「ファイナルファンタジーVIII」「ラストレムナント」「ファイナルファンタジーXIII-2」「MURDERED」「ライトニングリターンズ」などが配信される予定

専用アプリはApp Store、Google Playで無料配信される

尚、ストリーミングサービスには3Mbps以上の有効帯域が推奨される

スクウェア・エニックスは3DS版の「ドラゴンクエストX」でもクラウドゲーミングサービスを行っており、DIVE INにも同様の技術が採用されているものと思われるが、ベータテストなしでサービスを開始するのはかなり危なっかしいかもしれない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフゲのクラウドゲーミングでベータテストなんかいらないんじゃないか?
やるなら大規模に負荷かけないとだし、どうせオープンベータって知らずにみんなプレイするよ。
しかし、オフゲーがオフゲーと呼べなくなる時代到来だね。
[ 2014/09/09 16:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: