クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

2014年1月~9月の全世界オンラインゲーム収益ランキング公開

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
SuperData Reserchは、2014年の1月から9月までのオンラインゲームの収益ランキングを公開した。

※画像クリックで拡大
オンラインゲーム収益2014YTD


2014年1月~9月のオンラインゲーム収益ランキング

1位 リーグ・オブ・レジェンズ (Riot/Tencent) 9億4600万ドル(約1023億円)
2位 クロスファイア (SmileGate/Neowiz) 8億9700万ドル(約970億円)
3位 アラド戦記 (Nexon) 8億9100万ドル(約963億円)
4位 World of Warcraft (Activision/Blizzard) 7億2800万ドル (約787億円)
5位 World of Tanks (Wargaming) 3億6900万ドル (約399億円)
6位 メイプルストーリー (Nexon) 2億4000万ドル (約259億円)
7位 リネージュ (NCSoft) 1億7800万ドル (約192億円)
8位 カウンターストライクオンライン (Valve/Nexon) 1億4800万ドル(約160億円)
9位 DOTA 2 (Valve) 1億3600万ドル (約147億円)
10位 Hearthstone: Heroes of Warcraft (Activision/Blizzard) 1億1400万ドル (約123億円)



2013年の同時期と比べると、LoLが4位から1位へと3つ順位を上げている。また、DOTA 2が20位から9位へと大きな躍進を見せている。また、2014年にサービスを開始したHearthstoneは1000万人以上のプレイヤーを獲得しており、10位にランクインしている。

LoLはコンバージョンレートがわずか3.75%と他のゲームと比較して収益率が低いが、その圧倒的なプレイヤー数の多さによって1位の座を獲得したようだ(参考:LoLのコンバージョン率はわずか3.75% 他の企業には真似できない?

ネクソンやBlizzardのゲームが目立つが、上位3タイトルは中国のTencent Gamesも中国サービスを行っており、クロスファイアが2位、アラド戦記が3位につけることに貢献しているようだ。

順位は不明だが、惜しくもトップ10入りできなかったElder Scrolls Onlineは1億1100万ドル、Star Wars: The Old Republicは1億600万ドルだった

2014年前半のオンラインゲームの基本プレイ無料と有料ゲームの収益額の比較も公開されているが、世界的に基本プレイ無料ゲームが圧倒している。予測では今後もさらに差が開くものとみられている。

mmof2pvsp2p_2014e.jpg

ソース: Venture Beat
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FF14・・・w
[ 2014/10/25 00:36 ] [ 編集 ]
FF14はこれらのタイトルと比べるとアカウント数は全然少ないし客単価も安いし入るはずがない
それより海外ではこれらもMMOって呼ばれてるのかな?管理人はオンラインゲームって書いてるけど向こうの概念ってどうなってるんだろう
[ 2014/10/25 10:47 ] [ 編集 ]
FF14あんなに威勢良かったのに
ソースで少しも触れられて無くてワロタww
[ 2014/10/25 19:02 ] [ 編集 ]
FF14は今後の国際展開がうまくいくかだね
特に中国だけど他国も手広くやってけばMMORPGではWoWリネに次ぐくらいは可能性あるかも
ESOは評価が散々だったから発売してパケ販売分がある今年入らなかったら今後は厳しそう
GW2が中国でも北米でも上手くやってそうなのに触れられてないのが驚き、収益性が悪いのか、韓国とかその他の市場が結構大きいのか。SWTORは欧米で人気あるし納得。
分かるのはMMORPGはあんまし伸びてないってことかな、2タイトルしかないし・・
[ 2014/10/28 13:38 ] [ 編集 ]
FF14はそれらと比べて月額安いもんなぁ
もともとあったMMOと比べりゃ人数少ないだろうしな
[ 2015/01/03 16:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: