クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

PS4 韓国で推定10万台販売で好調。しかしソフトの販売である問題が・・・

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
GameFocusによると、韓国においてパブリッシャーがゲームの出荷本数を算定する際のPS4の推定累計販売台数は現在までに10万台であるという。

ps4.jpg

圧倒的にPCゲームが市場を占めており、コンソールゲーム市場の規模は小さい韓国ではあるが、2013年12月にPS4が、2014年9月にXbox Oneが発売されるなど、コンソールも徐々に浸透し始めている。

一方で同サイトの報道によると、Xbox Oneの販売は不調で、マルチプラットフォームのコンソールゲームが発売される際にPS4版だけに注文が入るという状態であるという。

韓国で販売を行うメーカーはXbox Oneは十分に普及していないと判断しており、2015年以降発売のソフトは2014年年末までのXbox Oneの販売推移を見ながら判断をするとのこと。

このため、PS4が期待以上の好調であるにも関わらず、海外の大手パブリッシャーは現在の韓国の状況を良く思っていないようだ。

というのも、韓国の販売会社がXbox One版が在庫になることを恐れてPS4版だけを発売しようとしても、「ローカライズするなら両機種で」という条件が海外のパブリッシャーから提示されるため、交渉に苦労しているという。
そのため仕方なくPS3と360では字幕版が発売されるが、PS4版はローカライズされていない英語版を出さざるを得ないという不自然な状況も生まれ、ユーザーからの反発もあるようだ。

GameFocusはこの状況を「次世代コンソール興行不均衡のバタフライ効果」だとしている。


ソース: GameFocus
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: