クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

MMORPG「黒い砂漠」韓国オープンベータが12月17日より開始。料金は基本プレイ無料

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Daum Gamesは、Pearl Abyssが開発中のMMORPG「黒い砂漠」の韓国サーバーにおけるオープンベータテストを2014年12月17日より開始すると発表した。

blackdesert_kr_obta.jpg


また、韓国サービスの料金体系は基本プレイ無料になることが明らかになった。

オープンベータテストではミニゲーム、課題、称号、日誌などの新システムが追加され、ワールドと呼ばれるメガサーバーを導入することも発表されている。
ワールド(メガサーバー)は複数のサーバーを一つのサーバーとしてみなすことができるシステムで、従来の方式のサーバーよりも収容人数が大幅に増え、1つのメガサーバーに2~3万人を収容することを目標にしている模様。

blackdesert_krbeta_img.jpg


ゲームのグラフィックスに関してもさらに強化され、全7段階のオプションで幅広いスペックのPCに対応させる。

オープンベータテストではCBTで既に公開されているバレノス、セレンディア、カルフェオンという3つの地域が開放され、レベル50まで成長させることができるとのこと。
オープンベータテストではクローズドβテストのフィードバックを受け、初期エリアの動線とクエストの利便性が大幅に改善されている。また、家庭菜園はインスタンス化することになったようだ。

クローズドβテストでは論争を呼んだPKに関してはレベル50以上で可能になるように変更された。

正式サービス以降の課金システムに関しては、ゲームの企画意図を活かせるような単純な課金制にし、複雑さを最小限に抑えるとしている。


▼オープンベータトレーラー



未公開エリアの「メディア」と「バレンシア」に関しては、2015年第1四半期、2015年第3四半期にそれぞれ実装されるとのこと。


黒い砂漠は、「R2」「C9」などのオンラインゲームを開発したキム・デイル氏が設立したPearl Abyssが開発中のMMORPGで、ノンターゲティング方式の戦闘や、ロードが一切ない広大なシームレスオープンワールド、インスタンスダンジョンが一切ないフィールド上でのゲームプレイ、攻城戦やPvPなどがフィールドで行われる「同時多発的大規模戦闘」などが特徴となっている。

黒い砂漠は2010年より開発がスタートし、2013年から2014年にかけて3回のクローズドβテストが実施された。
日本サービスも既に決定しており、日本ではゲームオンが運営とローカライズを行う。



▼黒い砂漠のフィールド(ごく一部)


黒い砂漠 韓国公式サイト

黒い砂漠の関連記事一覧
黒い砂漠 第2次クローズドβテスト レビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィールド動画見たけど感想としては、
リアリティのためにNPCのコリジョン(当たり判定)付けてるのかもしれないけど
これゲーム慣れてきたら相当うっとおしいなw
毎回当たるたびにガツガツ音なるのもダメだし。

プレイヤーキャラとのコリジョン付けるならまだわからなくもない。
まぁ開発の姿勢が利便性をとるのかリアリティをとるのか次第だな
某FF14でも以前フィールドの柵にコリジョンがあってユーザーから毎回ひっかかってうざいってフォーラムの声で
結局無くなったな。

あと日本の運営がゲームオンだけど
ここ最近TERAをハンゲームから移管されてアーキエイジやら色々運営してるけど
人で足りてるのかね。
[ 2014/12/04 03:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: