クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

公式の動作環境は信じるな?「黒い砂漠」のグラフィックス設定別の推奨環境

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
コンピュータハードウェアコミュニティサイトCool Enjoyは、73種類のグラフィックスカードを使って「黒い砂漠」のベンチマークを実施し、様々な解像度、グラフィックスオプション、CPUとの組み合わせで検証を行った

blackdesert_true_systemreq.jpg

※これら全ての情報は2015年1月時点のものです。今後の最適化や新しいGPUの登場で必ずしもこの記事通りではなくなる可能性があることをご了承ください


公式の推奨環境は当てにならない


黒い砂漠の韓国公式サイトに掲載されている推奨環境は
CPU: Intel Core i5
メモリー: 6GB RAM
GPU: GTX 650 / GTX 550Ti / Radeon HD 7770、6770
となっている。

しかしCool Enjoyの検証によると、推奨環境通りのPCは解像度1920x1080ではグラフィックスオプションを低設定にしないと平均30fpsは保証できないという。
その低設定は黒い砂漠のスクリーンショットなどで見られる品質からほど遠く、おすすめできないとのこと。

▼最高設定
blackdesert_uhigh_graphics

▼中設定
blackdesert_medium_graphics.jpg

▼低設定
blackdesert_lowest_grahics.jpg

低設定よりもさらに低い最低仕様モードも存在するが、これは必要動作環境のGTS 250クラスのGPUで無理やり動作させるためのオプションであり、グラフィックスは酷いことになる。

※画像クリックで拡大



CPUは最低4スレッド。Core i3 以上


黒い砂漠では、Intel CPUの場合、6コア以上の恩恵は少ない。
GTX 980 / R9 290Xといったハイエンドビデオカードの性能を最大限に発揮させるには少なくともCore i5程度のCPUが必要。

ミドルクラス(GTX 760/R9 270Xなど)のビデオカードの場合、Intel Core i3とCore i7の差は少なく、最低Core i3以上のCPUがあれば性能が発揮される。

AMDのCPUの場合、上位モデルでもGeForceとの組み合わせではIntelのCPUよりフレームレートが低くなる傾向があるという。逆にRadeonとの組み合わせではこういった低下はない模様。

Core i5以上のCPUであればまず心配はいらない。


高解像度・高フレームレートに必要なビデオカード



黒い砂漠のグラフィックスオプションは「最高(ベータ仕様)」「非常に高い」「高い」「やや高い」「標準」「低い」

最高設定
UHD(4K画質)で平均30fps以上が保証されるビデオカードは2015年1月時点で地球上に存在していない
QHD(2560x1440)で平均30fps以上が保証されるビデオカードはGTX 980以上
フルHD(1920x1080)で平均30fpsが保証されるビデオカードはGTX TITAN/R9 290以上

高設定
UHD(4K画質)で平均30fps以上が保証されるビデオカードはHD 7990、GTX TITAN Z、R9 295X2 8GB

QHD(2560x1440)で平均30fps以上が保証されるビデオカードはR9 280、GTX 680以上
QHD(2560x1440)で平均60fps以上が保証されるビデオカードはHD 7990、GTX TITAN Z、R9 295X2 8GB

フルHD(1920x1080)で平均30fps以上が保証されるビデオカードはR7 260X、GTX 660以上
フルHD(1920x1080)で平均60fps以上が保証されるビデオカードはGTX TITAN、R9 290以上


黒い砂漠のグラフィックスを最大限楽しむ最高のビデオカードはAMD Radeon R9 295X2 8GB
※現時点ではNVIDIAのSLIが黒い砂漠で正しくサポートされていないため

黒い砂漠において、Radeon R9 290XはGTX 780 Ti / GTX Titan Black以上のパフォーマンスが保証される




各スペックで予想される平均フレームレート



Core i3-4160+GTX 650&フルHD(1080p)の場合

低設定: 平均 33.2 fps


Core i5-4670K+GTX 750 Ti&フルHD(1080p)の場合

やや高設定: 平均 34.6 fps
標準設定: 平均 47.4 fps


Core i5-4670K+GTX 760&フルHD(1080p)の場合

高設定: 平均 38.1 fps
やや高設定: 平均 47.7 fps


Core i7-4770K+GTX 770&フルHD(1080p)の場合

非常に高い設定: 平均 46.4 fps
高設定: 平均 48.8 fps


Core i7 4770K+GTX 980&フルHD(1080p)の場合

最高設定: 平均 44.3 fps
非常に高い設定: 平均 68.7 fps



フルHDにおけるGPU別平均フレームレート



表はCool Enjoyが作成したもの。
テスト環境のCPUはCore i7 4770Kを4.5GHzにオーバークロックしたもの

表の上の項目は左から以下の通り。
最高設定
非常に高い。テクスチャ解像度:高
高設定。テクスチャ解像度:高
やや高い。テクスチャ解像度:高
中設定。テクスチャ解像度:中
低設定。テクスチャ解像度:低



http://i.imgur.com/ghWPtID.jpg


MMORPGでは平均30fpsで快適と言われているが、フルHD+最高設定(赤の列)ではハイエンドカードのみが平均30fpsをクリアしている一方で、フルHD+高設定(青の列)ではGTX 660などのミドルレンジのビデオカードでも平均30fpsが出ている。


これらを踏まえてCool Enjoyが提唱する黒い砂漠の本当の推奨環境はフルHD&高設定基準で

CPU: Core i5
GPU: GTX 750 Ti, GTX 660, HD 7850, R7 260X


捕捉だが、最高設定で一部のエリアに行くとビデオメモリーの使用量が3GBを超えることがある。したがって、3.5GB問題のあるGTX 970は注意が必要。(最高設定でなければ問題なく快適)

ソース: Cool Enjoy
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今どき、この手の高グラフィックゲームやるような人で、
GPUが660以下ってそうそう居ないんじゃないだろうか。
660程度なら、そう高いもんでもないし。
[ 2015/03/11 21:49 ] [ 編集 ]
友達居ないアピールは日本人として恥ずかしいから止めて欲しい
[ 2015/05/02 17:08 ] [ 編集 ]
それ以前におまえ日本人じゃないやん…
[ 2017/04/06 21:59 ] [ 編集 ]
LGA775,G31MX-K,E8500,メモリー4GBでGTX650,1GBだと1280×1024でもメモリーが足らなくて蔵落ちが発生。クロップを使用して描写範囲を小さくしたら蔵落ちは無くなった、勿論画質は最低ですが(笑)
[ 2017/06/08 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: