クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

Riot Games、LoLのラグを減らすためにISPと協力し専用のネットワークを構築

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Venture Beatによると、Riot Gamesは「League of Legends」のラグを減らすために北米のインターネットサービスプロバイダと協力し、専用のネットワークを構築しているという。

lolserverimprovement_isp.jpg


Riot Gamesブランドマネージャーのチャーリー・ハウザー氏によると、ISPはYouTubeやNetflixのようなバッファリングを行うアプリケーションのために大量のデータを数秒で一気に移動させることを最優先事項としているが、ミリ秒単位で小さなデータを高速で移動させる同期型のゲームには向いていないという。

Riot Gamesは、プレイヤーが不要なルートを経由せずにLoLのサーバーとできるだけ短い距離で通信できるように、AT&TやVerizon、Comcastといった北米の大手ISPと協力し、専用のネットワークを構築しているようだ。

Riot Gamesによれば、現時点ではプロバイダはオンラインゲームを一番重要なものとは考えていないが、Riot Gamesがその価値をISPに教えるということが挑戦であるという。

早ければ3月にはこのネットワークが導入されることになるとのこと


Riot Games working with Comcast, AT&T, and other ISPs to build a dedicated League of Legends network
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: