クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

過小評価されたMMORPGの名をほしいままにする「The Secret World」

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
MMORPGのようなオンラインゲームが過小評価されていると言われることは極稀である。
なぜならMMORPGの運営会社は、ゲームのロンチが非常に重要だとわかっているので、これでもかというほど宣伝を行い、多くの人が試しにプレイしてみるからだ。


thesercretworld_worldmostunderratedmmo.jpg

したがって、MMORPGはロンチ時にゲーマーの目に止まるし、ある程度の人がプレイするのでその中で評判の良し悪しもある程度わかってくる。小規模なタイトルは別だが、ある程度のMMORPGならばそれが成否をわけることになる。

過小評価されていると言われるMMORPGは少ないながらもいくつかあるが、その中でも圧倒的に名前が挙がるのがFuncomの「The Secret World」だ。


The Secret World

ザ・シークレット・ワールド
あらゆるサイトで「最も過小評価されているMMORPG」の名をほしいままにしているタイトル。
2012年7月3日よりグローバルサービスを行っている。

現代を舞台に、プレイヤーは「テンプラー」「イルミナティ」「ドラゴン」という3つの秘密組織のいずれかに所属し、世界を謎の疫病から救うと共に世界の秘密に迫っていく。それぞれの組織はロンドン、ニューヨーク、ソウルを拠点としている。

何気に日本(?)も登場。

tokyo_tsw_underated.jpg


現代を舞台にしたオカルトチックなゲームだが、ほぼ全てのクエストがゲームのストーリーを語ってくれる非常に凝った作りをしている上に、MMORPGのクエストをやっている感じをあまり与えない作りになっている。カットシーンも多い。

現代ということもあってライフルなどの兵器を使うことができ、ゲームプレイも一辺倒ではない。

そして、プレイヤーにクラスやレベルという概念がなく、武器を途中で変えたりでき、スキルポイントを振ることで能力を上げていくことになる。クラスがないので成長の自由度も高い。この時点でかなりの独自性を打ち出している。
また、コンテンツの難易度も、序盤のクエストから決して低くないのが本作。

さらに、2012年当時としては比較的高めの動作環境で、いち早くDirectX 11に対応したりと、現代の世界を高品質なグラフィックスで再現しMMORPGの中にうまく持ち込んでいる。






MMORPGのストーリーはお世辞にも大人向けとは言えないものが多い中で、The Secret Worldではかなり尖ったものを持ってきてプレイヤーの好奇心を刺激しようとしていたりと野心的だった。

ではなぜこのゲームが過小評価されたのかというと、ちょうど同じような時期に「ギルドウォーズ2」が発売を控えていたという理由が大きい。そしてギルドウォーズ2は非常に優れたゲームだった。
知名度の差はもちろんだが、The Secret Worldの戦闘自体はあまりスタイリッシュではないためか、トレーラーやプレイ動画を見て一発で魅力と感じさせることができなかったのも理由の一つだろう。
万人向けのゲームデザインではなかったというのもあるのかもしれない。そういったこともあって、「過小評価されたMMORPG」になってしまったというわけだ。

何気に2012年に
当サイトでもインプレッションを公開していたが、「新鮮で驚きを感じるがPvEにハマるゲームとは思えなかった」と当時の筆者は記している。

現在は月額制を廃して、パッケージ料金のみになっている。
日本サービスの予定は全くないがSteamの商品ページには日本からアクセスできない。

悲しいことに、近年のMMORPGがサービス開始から時間を経てユーザー数を伸ばしていくということはほとんどない。プレイヤー数が多いMMORPGはそれだけでプレイする理由になるからだ。
そういう意味ではThe Secret Worldは悲運なゲームと言えるだろう。


ちなみに筆者は、次に「過小評価されたMMORPG」として選ばれるのは「Shroud of the Avatar」ではないかと予想している。アーリーアクセスでアルファ版が販売されているが、どうも人気がないような感じだ・・・。まだアルファ段階なのでわからないが。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

steamで買えるのなら手を出してみたいですね
残念
[ 2015/04/25 04:01 ] [ 編集 ]
ベータから2ヶ月ぐらいやったけども
The Secret Worldは過小評価じゃないよ
3組織による三つ巴の対人が売りのエンドコンテンツになるはずが
バランスが悪すぎて お話にならないレベルでダメ過ぎてた
予定されてたraidも全然実装されないし

逆にPvEは 初期キャラでも火炎放射器の範囲攻撃で気持ちいぐらいにゾンビを焼き殺したりとか
謎解きも ゲーム内の架空会社のサイトが インターネット上に用意されてて
サイトにUPされたリポートの中に答えがあったり 凝った仕掛けも多く
MMOではなく 普通のゲームとして発売されてたら評価は変わったと思う

ってぐらい この記事とは真逆の感想
[ 2015/04/25 07:05 ] [ 編集 ]
動画を見る限りネットワーク協力付のコンシューマーでなら売れそうに見えた

ゲーム性や演出が合わないのに無理してMMOとして出すと
製作側に不利益しかないってことをいい加減理解して欲しいわ

まー中抜きする運営としては儲かるんだろうがな
[ 2015/04/25 15:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: