クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

H1Z1の世界で平和を訴える「ストップ・ザ・バイオレンス キャンペーン」が面白い。衝撃のラストも

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitchでゲーム配信を行っているCeezことCDNThe3rd氏が、MMOサバイバルゲーム「H1Z1」でプレイヤーに暴力反対を呼びかけながら仲間を集めていく「Stop The VIOLENCE」キャンペーンを行い、この模様を収録した動画をYouTubeに投稿した。シュールなのに謎の感動を覚える動画は一見の価値あり。

h1z1stoptheviolence.jpg

40分あまりの動画の冒頭では、「今日は殺すのをやめよう。両手を挙げて俺についてきてくれ。暴力はなしだ。誰も殺すな。俺達は変わるぞ。」と周囲のプレイヤーに呼びかけ始める。

賛同者を集めていき、全員が両手を挙げて緑色のTシャツを着てマップを駆け巡り、銃を持ったプレイヤーに銃をしまって両手を挙げるように呼びかけ続ける。

時折「Trust Circle(信頼の輪)」を作り、自己紹介をして各々が暴力反対を再確認する場面があるが、これをするといつも何かが起こる・・・。




Ceezは最後のスピーチで「皆に伝えたいことがある。俺が以前に作ったキャラクターでもこのミッション(暴力反対運動)をやろうとしたが、失敗してしまった。その途中で俺はたくさんの兵士とたくさんの良い奴らを失った。家族のあるもの、妻のいるもの、夢を持っていた者。今日、俺達は世界中から集まってここに立っている。カナダ人もアメリカ人も南アメリカの人もいる。俺達はやったんだ。俺達はバトルロイヤルを生き延びた。」と語る。

そしてポツリとつぶやく。「一つ疑問があるんだけど、これからどうする?」
しばらくの静寂の後、衝撃の展開に。

H1Z1はDaybreak Game Company(前SOE)が開発中のMMOサバイバルゲームで、現在はSteamでアルファテストが行われている。


ソース: YouTube via Kotaku
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この動画は例えこのような泥沼の闘争ゲームでも人々はわかりあえることを教えてくれた
そして、某キャラの台詞、頂点に立つ者は常にひとり!という言葉の意味も教えてくれた

ああ、無常
[ 2015/02/18 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: