クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

ソニー VRヘッドセット「Project Morpheus」 2016年上半期に発売

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
SCEは、PS4向けのバーチャルリアリティシステム「Project Morpheus」(プロジェクト・モーフィアス)を2016年上半期に発売予定であることを明らかにした。また、新型の試作機にはOLEDが搭載されることも明らかになった。

プレイステーション 4」の世界をさらに拡げるバーチャルリアリティシステム 「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」  新型試作機を開発

sce_projectmorpheus_2016.jpg

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、2014年3月に発表した「プレイステーション 4」(PS4™)の魅力を高め、ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システム「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」(以下、Morpheus)の新型試作機を米国サンフランシスコで開催中のGame Developers Conference 2015で発表しました。

昨年3月の発表以来、あたかもゲームの仮想世界の中に入り込んでいるかのような体験を実現するMorpheusには、多くのゲーム開発者の皆様に関心を寄せていただいています。ゲーム開発者の皆様やMorpheusを体験されたユーザーの皆様からのご意見も参考にしながら、さらに臨場感のあるVR体験を実現するため、従来の試作機に下記の通り改良を加えました。

● 有機ELディスプレイ採用
MorpheusのVRヘッドセットには、従来機の5インチの液晶ディスプレイにかわり、解像度1920×RGB×1080の5.7インチの有機ELディスプレイ(OLED)を採用しました。これにより視野角が向上するとともに、映像の残像感やブレを大幅に低減させることが可能になり、細緻に描き出されたゲームの仮想世界に入りこんでいるような感覚を高めます。

● 120fpsの映像表示に対応
OLED採用に伴い、120fps(frame per second)の映像表示に対応し、1秒間に120回の画像表示ができるようになりました。さらに、全てのPS4™はシステムソフトウェアのアップデートにより、Morpheusに接続して使用する際に120fpsの映像出力が可能になります。これらを組み合わせることで、Morpheusのディスプレイが非常に滑らかに仮想世界を表現し、ゲームの世界の中に自分自身が存在するかのような体験を、より自然に楽しむことができます。

● トラッキング性能の向上、遅延時間の低減
従来機のVRヘッドセットに搭載していた6つのLEDの数を9つに増やしたことにより、VRヘッドセットを装着したユーザーの頭部の位置をPlayStation®Cameraがさらに正確に検知します。また、検知した頭部の動きを映像に反映するまでの遅延時間が、システム全体の最適化を通じて減少したため、頭部の動きにより一層即したVR体験を可能にします。

● 着脱しやすく、快適な装着感
従来機のVRヘッドセットで採用した、顔面への圧迫感や疲労の少ないバイザースタイルを継承しながら、一本のバンドだけで頭部に固定する構造にすることで、より簡単にVRヘッドセットを着脱することができるようになりました。また、部品構造の見直しと最適化を図ることで軽量化を実現し、さらに快適にVR体験をお楽しみいただけます。

ゲーム開発者の皆様は発売後16ヶ月で全世界累計実売2020万台を達成し※1、歴代「プレイステーション」ハードウェア史上最速で普及拡大が続くPS4™プラットフォーム向けに、新型試作機を用いてMorpheus対応タイトルの開発が可能です。なお、新型試作機は3Dオーディオやソーシャルスクリーンなど、従来機から搭載している機能も引き続きサポートします。また60fpsのゲームを120fpsで出力するためのSDKも提供することから、従来機で開発していたコンテンツも新型試作機にて引き続き開発していただけます。

SCEは、Morpheusの2016年上半期中の商品化を目指し、今後もさらに開発を進めてまいります。

「別世界に自分が存在すると信じてしまうほどの素晴らしいVR体験が、新型試作機に採用した数々の技術により、いよいよ現実のものになってきました。MorpheusとPS4™プラットフォームの組み合わせこそ、クリエイターの皆様がご自身のアイデアをVRゲームで表現する際の一つの基準になるでしょう。」
(SCE ワールドワイド・スタジオ プレジデント 吉田 修平)



※画像は全て新型の試作機
projectmorpheus_newmoderl_2016.jpg

試作機の仕様
構成 プロセッサーユニット、VRヘッドセット
ディスプレイ方式 OLED
ディスプレイサイズ 5.7インチ
ディスプレイ解像度 1920×RGB×1080 (左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
リフレッシュレート 120Hz、60Hz
視野角 約100度
搭載センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー
接続I/F HDMI + USB
機能 3Dオーディオ、ソーシャルスクリーン





GDC 2015でProject Morpheusを試用したGIZMODOの記者は、「今まで試したVRヘッドセットの中で最も良い」「つけ心地が良い唯一のVRヘッドセット」だと評している。

Hands On: Sony's New Morpheus Is The Best VR Headset Yet - GIZMODO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアルよりリアルで刺激的な世界になったらこっちの世界へ戻って来れなくなるぞ・・・なんてな
[ 2015/03/04 12:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: