クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

【噂】カプコン「モンスターハンターフロンティア2」を開発中か。UE4, 2016年以降?

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国ゲームメディアinvenは3月23日、カプコンが「モンスターハンターフロンティア オンライン2(仮称)」をPCとPS4向けに開発している可能性があると報じた。
mhflogo_123.png
ロゴはモンスターハンターフロンティアのもの

同サイトによると、韓国の求人サイトで公開されているカプコンの求人情報の中には「モンスターハンター次回作」や「クライアント/サーバープログラマー」といったフレーズが含まれており、PCオンラインゲームが念頭にあるのは間違いないようだ。

invenが1年余り取材を続けて得られた情報をまとめると次のように推測できるようだ

タイトル: モンスターハンターフロンティア オンライン2(仮称)
Capcom Koreaでは2つのメインプロジェクトが進行しており、その一つが「モンスターハンターフロンティアオンライン2」

プラットフォーム: PC/PS4
ゲームエンジン: Unreal Engine 4
Unreal Engine 4での開発経験を優遇条件に明記しており、NCSOFT出身の開発者の多くがCapcom Koreaに合流した

サービス対象地域: 日本及びその他の地域
現時点では日本がサービス対象地域だが、その他の地域でのサービスの可能性もある

発売予定: 2016年以降



カプコンは中国向けに「モンスターハンターオンライン」を開発しているが、モンスターハンターオンラインはCryEngineで開発されているため、Unreal Engine 4の経験がこれらの求人の優遇条件にあるのは整合性が取れず、また、現時点では正式サービスが開始されていないモンスターハンターオンラインをさしおいて、「モンスターハンター次回作」と表記していることから、モンスターハンターオンラインのための追加採用という説は否定される可能性が高いという。

mho_2015322.jpg
中国でテンセントと共同開発しているモンスターハンターオンライン

ただし、モンスターハンターオンラインの現在のビルドを完全に覆してUnreal Engine 4で新たに開発するというような青天の霹靂が起きればMHF2ではなくMHOの追加採用である可能性も否定できないようだ。

同サイトによると、「モンスターハンターフロンティア」が日本以外で成功できなかった理由はカプコンが保有しているオンライン部門の技術力不足だと分析されているため、オンラインゲームの開発経験のあるプログラマーが多い韓国を拠点とするカプコン支社をモンスターハンターフロンティアオンライン2の開発本部にすることは合理的だという。

モンスターハンターは否定的な評価をされていても発売する度に数百万本を売り上げるため、無理してPCオンラインゲーム市場に進出しなくてもしばらくは安泰ではないかとも言われているものの、世界的なゲーム市場がFree to Playに移行しつつある中で、モンスターハンターという強力なIPを使ったオンラインゲームが長期的に安定した収益源になり、「ドラゴンズドグマオンライン」や「ブレスオブファイア6」なども含めて、これまでパッケージゲーム主体だったカプコンの全体的な収益の上昇に貢献することを期待しての試みだと推測されている。

モンスターハンターフロンティアオンライン2はあくまで推測の域を出ない情報ではあるが、カプコンがモンハンのオンラインゲーム関連の求人を韓国で行っているのは確かな情報だ。


ソース: inven
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深読みしすぎでは…色々無理がある
[ 2015/03/23 17:09 ] [ 編集 ]
やるんなら今まだ実装されたものや本家の極限化除いたすべての要素を持ってくればかなりボリュームあるだろ、まあ糞グラのままならやりたくないな・・・・MHOは最低欲しいしフレームレートも本家やFで無理だった60でやりたい
[ 2015/03/24 22:28 ] [ 編集 ]
 
[ 2015/04/13 00:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: