クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

中国のPCオンラインゲーム市場 2014年に22%の成長

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Niko Partnersによると、中国PCオンラインゲーム市場は2014年に22%成長したことが明らかになった。

chinapcgaming_2015_2014.jpg


中国でもモバイルゲーム市場が急速に成長している中でPCオンラインゲーム市場がこれだけ成長できたのは、League of Legendsを始めとするMOBA(Multiplayer Online Battle Arena)ジャンルのゲームやFPSの根強い人気があるという。

中国におけるオンラインゲームのトップ2は、「League of Legends」と「Crossfire」となっており、人気上位のほとんどは欧米や韓国のゲームが占めている。

なお、中国オンラインゲーム市場は、「League of Legends」や「アラド戦記」「ブレイドアンドソウル」などを運営しているテンセントが売上高のおよそ37%を占めているという。

eスポーツの人気も中国で高まっており、プロゲーマーへの注目も高まっているとのこと。

Niko Partnersの創設者Lisa Cosmas Hansonは、中国のオンラインゲームユーザーは2015年に2億7500万人に達する見込みであり、カジュアルゲームはPCからスマートフォンへプラットフォームがシフトする中で、クライアントベースのオンラインゲームやハードコアウェブゲームは中国の巨大なゲーム市場において利益を生み出し続けると予想している。


Chinese Gamers Spent 22% More on PC Online Games in 2014 Than 2013
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: