クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

「開発者やパブリッシャーが『MMO』という表現を避けるようになってきた」元Blizzard CCO

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blizzard Entertainmentの元チーフ・クリエイティブ・オフィサー、Rob Pardo氏はDevelopのインタビューで、最近になってオンラインゲームの開発者達が自分たちのゲームを紹介する際に「MMO」という言葉を使うのを避けるようになったと語った

avoidingmmoterm_destiny.jpeg

Pardo氏によると、World of Warcraftのヒット以降、WoWと同じ方程式をコピーしたたくさんのゲームがMMOを名乗ってきたが、結局同じレベルの成功を収めることはできず、最近になって開発者は"WoWと同じ種類のMMO"を諦めたという。

そのため、定義上はMMOとつけてもいいようなゲームでも、WoWを連想させてしまう「MMO」という言葉は宣伝等の際にあえて避ける傾向が最近みられるとのこと。

オンラインゲーム「Destiny」は広義ではMMOだが、Bungie社はMMOという言葉を使うのを避けており、こういったことの典型例だという。
少し前は「World of Tanks」ですらMMOを名乗っていたように、ジャンルの境界線が曖昧になっていた時期があった。

▼World of Tanksは「MMO」だと謳われている
wotmmo_google.jpg


「MMO」という言葉がつけられていることによってプレイヤーが期待し、World of Warcraftと比較されしまうのをパブリッシャーはかなり忌避しているとのこと。
欧米においては、「Star Wars: The Old Republic」や「Wildstar」はほとんどの批評の中でWoWと比較されていたという。

今から5年の開発期間でWoWと全く同じようなMMOを作った場合、そのMMOがリリースされる頃には15年開発が続けられているWoWと比較されるということだ。
MMOという肩書が自社のゲームに、「期待」という重荷を背負わせることになるということ、そしてWoWと同じ土俵で戦うのを諦めたことが、「MMO」という言葉を避けるようになった理由なのだろうか。

Blizzard Entertainmentは、7年間開発してきたMMO「Project Titan」を中止したが、それでもBlizzardはまだMMOというジャンルに大きな信念があるのではないかと思っているという。


日本においては、「MMO=MMORPG」として捉えられていることが多く、欧米圏のような現象はほとんど見られない。
しかし、カプコンの「ドラゴンズドグマ オンライン」は広義的にはMMOアクションRPGやMOアクションRPGと呼んでも差し支えないが、公式には「オープンワールドアクション」とジャンルが紹介されているのは興味深い。


via Gamasutra
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結局こうなったのはデキの悪くMOやオフゲでOKなんていうクソ量産型でも
無料でMMOとつければ一定数のサイフのユルイユーザーが集まって
甘い汁が吸えるなんていうバカげた時期が長くあったから
そのためゲーム内容より集金重視にと調子に乗りすぎたため多くの人が呆れて去り
MMO業界に暗黒時代と将来へ暗い陰を落としてしまった

それはともかく今後はMMO付けない方が地雷になるんかね
判り易くていいことだ
[ 2015/08/04 21:20 ] [ 編集 ]
基本無料の量産MMORPGがガチャで搾取ってのは
日本という(世界と比べたら)極々小さいMMO市場でのことだから
この記事に書かれてる事とはまた別の話じゃないかな。

記事にある「Star Wars: The Old Republic」や「Wildstar」は
どちらも開発期間5年、開発費はそれぞれ200億円・64億円という
時間も資金もかけられた大作だけど、MMORPG界の圧倒的王者である
World of Warcraftと比較されて、駄目出しされて、成功を収められなかった。
それで最近はWoWと比較されるのを嫌がってMMOを付けない海外タイトルが増えてるって話。
[ 2015/08/05 01:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: