クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

Dota 2の世界大会がDDoS攻撃により45分間中断

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
MOBA「Dota 2」の世界大会The International 2015において、試合中にゲームサーバーがDDoS攻撃を受け、約45分間試合が中断されるという事件が起こった。

dota2logoonly.jpg

DDOS Attack Temporarily Shuts Down International 'DOTA 2' Tournament - Forbes

The Internationalはシアトルで行われているオフライン大会だが、ゲームサーバーを利用しているためDDoS攻撃によって試合が進行できない状況に陥ってしまった模様。

Valve側はDDoS攻撃への根本的な解決の糸口が見えないようで、8月8日まで開催される大会への追加の攻撃が懸念されている。

今回の大会の賞金総額は22億円以上で、eスポーツ史上最高額を記録している。

Dota 2 The International


▼大会1日目のハイライト映像(DDoS攻撃とは関係ありません)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: