クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

NCSOFT 日本でも来年上半期に「Master X Master」のオープンベータを予定

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
NCSOFTは、11月4日に行われた第3四半期の業績発表の中で、オンラインシューティングアクションゲーム「Master X Master(MXM)」のグローバルオープンベータテストを2016年上半期に日本、韓国、台湾で予定していることを明らかにした

mxm_recreatedmmodungeons.jpg

MXMは、NCSOFTのゲームに登場するキャラクターや、同作のオリジナルキャラクターが登場する2.5Dのシューティングアクションゲームで、PvEとPvPの両方が存在している。MORPGとMOBAの両面を持つゲームだ。
2人のキャラクターを交互に操作するタッグシステムや従来のマウス操作とは少し異なる操作感なども特徴。
詳細はこちら

2015年4月には韓国でテクニカルテストを実施したり、中国でもクローズドβテストを行うなど、開発が進められてきたが、既に日本や台湾でのサービスも視野に入っているようだ。


ソース: inven, ZDNet


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エターナルシティぽいなぁ。前にもディアボロぱくったリネ3発表してたけどぱくりばっかりやんか・・・落ちぶれたなぁ。
[ 2015/11/05 15:53 ] [ 編集 ]
これ対人はLoLのパクりみたいなやつじゃなかったっけ
[ 2015/11/05 17:34 ] [ 編集 ]
なんでもこんでもLOLのパクりというのはよくない。
LOLだってDOTAを基にしてるんだし、いわゆるNC SOFT版HOTSみたいな感じかなと思ってる。
ガチャがひどくてユーザすぐに離れるんだろうけど!
[ 2015/11/09 15:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: