クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

ハースストーンのベーシックカードに弱すぎるカードが存在している理由を開発者が語る

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハースストーンには、初心者デッキやアリーナデッキでなければまず使わないベーシックカードがいくつも存在している。
また、拡張パックによって"上位互換"とも言えるカードが存在している。バランス的におかしいはずだが、あえてそうする理由はなぜなのか、Blizzardのシニアゲームデザイナー、ベン・ブロード氏がYouTubeでその理由を語っているので紹介する。

card_hs_mag.png

※YouTubeで日本語の字幕をONにしてください(初期設定ではONになっています)



▼上位互換のカード。左のカードを使う理由はほぼない。
hearthstone_4cards_tooweak.jpg


明らかに性能の低いハースストーンの基本カードは、新規プレイヤーがゲームを徐々に学んでいき、進歩を感じ、ゲームにハマることができるように存在しているわけだ。

ハースストーン公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画で挙がってるカード以外もそうだが全体のカードバランスはかなり悪い
これはアメリカ人的悪ノリ
こうすればおもしれーだろHAHAHA
っていう内輪向けのジョークのせいと考えられる
カードバランスで見た場合いやそういう身内向けのヤツ全然笑えないから
ちゃんとゲーム的なバランスの範囲でやれ
何のための明確についてるコストの差だと思ってるのか
その絶対的な判断基準のハズが想定よりズレてたら初心者はその格差に余計混乱するわ

まー基本無料とはいえ課金のお金かけたら
その分の差を判りやすくしているとはさすがに言んわな

せっかくいい手軽さで可能性を感じるいいシステムだったのに惜しいゲームだった
そして醜い集金と悪ノリでぶっ壊れる前のMtGは一部を除いて本当にいいゲームだったと再確認した
[ 2015/12/08 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: