クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

新作MMORPG「BLESS」 1月27日より韓国でオープンベータテストを開始

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Neowiz Gamesは、Neowiz Bless Studioが開発中のMMORPG「BLESS」(ブレス)の韓国サービスオープンベータテストを2016年1月27日より開始すると発表した。

blessobtkr2016127.jpg


「BLESS」は、韓国のネオウィズゲームズが約7年の歳月と約70億円の開発費をかけて制作したMMORPG。基本プレイ無料。

ゲームシステムはオーソドックスながら、Unreal Engine 3で描かれる美麗なグラフィックスや、2つの勢力間の大規模な戦争(RvR)が特徴となっている。

PvPは特に注力されており、100対100の戦場に気軽に参加できたり、両陣営のプレイヤーが入り乱れるフィールドなどが用意される。また、勢力間だけでなく、同勢力内でのギルド同士の戦いや、最高統治者を決定する「首都争奪戦」、3対3のアリーナなど、多数のPvPコンテンツが存在している。

また、BLESSでは196種類の乗り物、448種類のペットが存在し、フィールド上のほぼ全てのモンスターを調教することが可能となっている。

両陣営にそれぞれ5種類の種族が存在し、OBT時点で6種類のクラスが用意されている。
「戦術システム」により、同じ職業でも様々な役割を担うことができるようになっている。

音楽はハリウッド映画などに多数の楽曲を提供している世界的な作曲家、ハンス・ジマー氏が担当。






BLESSは基本プレイ無料だが、月額制の「プレミアムサービス」が用意される。このプレミアムサービスは期間ごとに約500円~となる模様。開発側は、9割のユーザーは無料で、1割のユーザーはプレミアムサービスを利用することを想定しているという。


Neowiz Gamesのイ・ギウォン代表は、「BLESSを通じてMMORPGの本質的な楽しさを伝えていく。昔のMMORPGを楽しんだユーザー達には思い出を、最近のゲームを楽しむユーザー達には大規模なMMORPGにしかない魅力を伝えられるように努力する。」と語った。

BLESS 公式サイト(韓国)

BLESS 3次クローズドベータテストのインプレッションとゲームの紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しそうだけど旧開発エンジンだから画像がちと粗いねw
[ 2016/01/16 06:24 ] [ 編集 ]
まさにTERAっぽいグラだけど、オーソドックスに見えて面白そう
[ 2016/01/20 05:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: