クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

MMORPG「The Repopulation」 ゲームエンジンメーカーの問題でUE4に切り替え

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
インディーゲームメーカーのAbove and Beyond Technologiesは、同社が開発中のMMORPG「The Repopulation」(リポピュレーション)のゲームエンジンを、Hero EngineからUnreal Engine 4に変更することを明らかにした。

加えて、The Repopulationとは別のTPS「Fragmented」を発表した。


fragmented_therepop_ue4.jpg
"Fragmented"


Hero Engineは、Idea Fabrikが開発したゲームエンジンで、MMOに特化した開発環境を備えており、「Star Wars: The Old Republic」や「The Elder Scrolls Online」(一部)に使用されている。

しかし、Idea Fabrikの経営に端を発する問題で、Idea Fabrikが提供するサーバーがダウンすることになり、Above and Beyondは早期アクセスを行っているThe Rpopulationのサーバーを停止せざるをえなくなり、更新もできないという状況に陥っていた。

同社は協議を重ねた結果、ゲームエンジンをHero EngineからUnreal Engine 4に変更することを決定した。

しかし、The ReopulationのソースコードをUE4用に書き換え、サーバーを準備するまでにあまりにも時間がかかるため、MMOではないスピンオフのSFサバイバルTPS「Fragmented」(フラグメンテッド)を開発中であることを明らかにした。アセット等も共有されるため、Fragmentedの開発はThe Repopulationの開発にもなるようだ。





Fragmentedは、The Repopulationが完成するまでの間、同ゲームのアーリーアクセス版の購入者に無料で提供されるようだ。


ソース:The Repopulation 公式サイト


現在、The Repopulationの早期アクセス版の販売は停止されている。(
Steam
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: