クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

MOBA「Paragon」 アーリーアクセス ファーストインプレッション

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Epic Gamesが開発中のMOBA「Paragon」の先行アクセス、ファーストインプレッション。

パラゴン






特徴


  • Unreal Engineを開発するEpic Games社によるMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ゲーム。
  • 三人称視点、非常に高品質のグラフィックス
  • 高低差の概念がある
  • ノンターゲティング
  • 最初から全キャラクター無料開放
  • 3週間ごとに新しいヒーローが追加
  • PS4とクロスプラットフォーム
  • 基本プレイ無料(2016年夏)


基本


  • 多くのMOBA同様に3レーン、中立モンスターのいるジャングルがある
  • 1チーム5人
  • 相手の本拠地にあるコアを破壊すれば勝ち
  • 各所にタワーがあり、近づいてきた敵キャラクター・ミニオンを攻撃する(多くのMOBAと同じ)
  • Bキーで拠点に戻る
  • マップは1種類

paragon_smallmaps.jpg 


戦闘


  • ノンターゲティング方式でTPSのような感覚
  • TPSほどシビアなコントロールは必要としない。あくまでMOBA
  • 序盤は攻撃力も攻撃速度もどちらかと言えば低めなため、試合が長引きがち
  • フィールドに高低差があり、ジャンプをするスキルもある
  • Harvester(ハーベスター)という装置があり、作動させると一定時間ごとにカードポイントの経験値(アンバー)が蓄積される
  • Harvesterはプレイヤーの手で作動させる必要がある
  • 敵が設置したHarvesterは破壊できる
  • 三人称視点でノンターゲッティングのため、俯瞰視点のMOBAより相手との距離感をつかむのが難しい
  • カメラの位置・距離は操作できない
  • 相手のインヒビター(ミニオンを生み出す装置)を破壊すると味方のスーパーミニオンが登場する
  • SHIFTキーを押すと数秒後に「ダッシュ」状態になり、移動速度が大幅にアップする
  • スキルを使ったり攻撃するとダッシュ状態は解ける


成長


  • ヒーローのレベルとカードポイントという2つの成長要素がある
  • 敵ミニオンやジャングルにいるモンスター倒して経験値を得るとレベルが上がる
  • 自分が倒さなくても近くの味方が倒せば経験値が手に入る
  • レベルが上がるとスキルポイントを1点獲得
  • スキルはCtrl+Q~Rキーでレベルアップ
  • キャラクタービルドは「デッキ」と「カード」を使用する


▼カードの経験値(CXP)を生成しているHarvester
harvester_paragon_detail.jpg



デッキとカード


  • Paragonではカードをスロットに装着してキャラクターを強化する
  • いわゆる「ゴールド」ではなく、カードポイントを消費して試合中にカードを購入する
  • カード用のポイントは、敵やHarvesterから得ることができるカード経験値をためると増えていく
  • 予め試合の前にカードを選んで「デッキ」を構成しておく
  • 試合の最初にデッキを選ぶ
  • 試合中に購入して装備できるのは組んだデッキのカードだけ
  • カードには攻撃力を上げるものやHP、MPを上げるもの、クールダウンタイム減少、ライフスティール、ワード、回復アイテムなど様々。
  • カードはロビー画面でパックを開けると手に入る
  • デッキは最大枚数に達していなくてもよい
  • 保存しておけるデッキの数は制限されており、課金等で増やせる
  • カードには「装備」と「アップグレード」があり、装備の中のスロットにさらにアップグレードを装着できる
  • 「Prime」という非常に強力なカードがあり、マップに1体いる強力なモンスターを倒すとドロップする「オーブ」を、敵側にある指定地点まで運ぶとカードの効果が味方全員に発動する
  • カードにはレア度があるが、極端に効果の良いカードはない


▼試合中のカード購入画面。選んだデッキに含まれているカードだけが表示される
paragon_cards_equip_inmatch.png



ヒーロー


  • アーリーアクセス開始時点では13種類と少なめ
  • X-MENに出てきそうな感じのキャラクターが多いが、やや没個性的で地味
  • ヒーローごとにデッキを用意できるため、ヒーローの特性にあわせてデッキを組める
  • 逆を言えば、ヒーローの特性を知らずにデッキを組むと痛い目に遭う
  • ただし、初心者向けのスターターデッキが用意されている


システム


  • 対人戦、対AI戦(CO-OPとソロ)がある
  • 仲間全体にメッセージを伝えられるコールが16種類用意されており、Cキー+マウスだけで入力できる
  • 最初にヒーローを選んでからマッチングする
  • プレイヤーレベルがあり、試合を行うと経験値がたまり、レベルがあがる
  • プレイヤーレベルが上がるとカードパックが貰えることがある
  • 試合を終えた時にもらえるポイントでカードパックを購入できる



ゲームエンジンを作るメーカーだけあって、グラフィックスの最適化という部分はさすがの一言。高品質なグラフィックスでも無駄に重いということはなかった。
ゲームのシステム自体は無難なMOBAだが、三人称視点で高低差があり、Smiteよりも少し奥深い。
カードのシステムは複雑なように見えて意外とわかりやすく、新規プレイヤーのハードルはそこまで高くないだろう。Heroes of the Stormほどハードルを下げているわけではないが、LoLやDota 2ほど高くはないだろう。

また、全てのヒーローが無料でプレイできるというのも大きい。

残念なのは、序盤の戦闘が若干ゆっくり、もっさりしており、爽快感のようなものは小さいということだ。テンポが悪く、試合がかなり長く感じることもある。アクションゲームだったら看過できないが、MOBAだから仕方ないと我慢するしかない。

現時点ではプレイアブルなヒーローキャラクターが少ないので、オープンβテストまでには増やしたほうがいいだろう。

ゲームは日本語に対応していないものの、何故か公式サイトやゲームランチャーが日本語に対応しており、キャラクター紹介動画に日本語字幕を表示させることも可能だった。もしかしたら将来的にゲームも日本語に対応させるのかもしれない。

グラフィックス以外は「堅実」といったところ。抜きん出ているわけではないが、少なくとも量産型ゲームではない完成度の高さを感じた。アクセシビリティも高い。
Paragonは試してみる価値のあるゲームだが、先行アクセスの現段階では、これまでMOBAをやり込んできた人が満足できるほどではないかもしれない。




▼ランチャーは日本語化されている
paragon_launcherinjp.jpg


Paragon 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FPSになっても時代遅れなレーン戦とタワーディフェンスをやるのか
なんだかなぁ
[ 2016/03/23 17:13 ] [ 編集 ]
いまはこのゲームシステムが主流だとおもうけど
あときちんと組み上げられたルールは時代遅れにならない
サッカーや野球のルールはそれほど大きな変更はないだろ
別種のスポーツになってもいいとは思うが
サッカーがラグビーに変化したように
[ 2016/03/23 20:27 ] [ 編集 ]
※同意
Dotaみたいなタイプはもう触る気すら起こらない
レーン戦とかいう使い古されたゲームモードは捨てよう
[ 2016/03/24 00:19 ] [ 編集 ]
時代遅れというか(日本はともかく海外では)現役で大人気なジャンルだろMOBAは。
それだけに圧倒的ユーザー数を誇る既存ゲーム相手に、後続がシェアを奪うのは難しいから
TPSと絡めたり試行錯誤してる結果誕生したのがこのゲームなわけで。
[ 2016/03/24 01:21 ] [ 編集 ]
で、出たーw
「俺が飽きた」=「古くさくて劣っているもの」
こういう思考はマジで害悪
量産クリゲでも面白いもんは面白い。
[ 2016/03/24 02:01 ] [ 編集 ]
時代遅れなMOBAが嫌な人は
MXMやOverWatchをオススメするよ
次世代MOBAにはレーン戦やタワー破壊といった時間がかかるものを省略してくれてる
[ 2016/03/24 10:24 ] [ 編集 ]
それでも飽きたらまた時代遅れ言うんだろ
[ 2016/03/25 11:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: