クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

「アークロード2」 中国サービスが発表されるも開発元「契約結んでいない」

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
MMORPG「アークロード2」は既に韓国サービスも欧米サービスも終了しているが、中国の陕西趣玩科技が中国サービスのオープンベータテストを2016年5月に開始すると発表し、ウェブサイトも公開した。

しかし、なんとこの中国サービスがライセンス契約をしていない「海賊版」あるいはプライベートサーバーに近いものであることが明らかになった。


archlord2_china_illegal.jpg


Webzenの関係者は中国サービスについて問われ、「私たちはアークロード2の中国サービス契約を結んでいない。全く関係のない会社だ。」と答えたという。

タイトルを本来の中国名の「覇王大陸2」ではなく、「統治者OL」に変えて、堂々と中国サービスを告知していたわけだ。

いわゆる「エミュ鯖」とは異なり、課金アイテムも販売する気満々だった模様。

Webzenは、法的措置を取る構えで、まずはアークロード2の動画や画像、商標の不正使用に対して対処し、クライアントデータの盗難に関しても事実確認後に措置を取る予定だという。

クローンゲームで問題視される一部の中国企業の話題は比較的よく耳にするが、今回のアークロード2は契約なしで勝手にサービスを行うというなんとも大胆な犯行だ。


ソース: THIS IS GAME


▼こちらはアークロード2の欧米サービスのトレイラー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2あったんだ
[ 2016/04/09 21:28 ] [ 編集 ]
すっげえなw
盗人猛々しいにも程があるわ
さすが中華
[ 2016/04/10 08:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: