クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

「アラド戦記」のモバイルゲーム2作品が発表

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネクソンは、「アラド戦記」のIPを題材としたモバイルゲーム『2Dアラド戦記モバイル(仮称)』と『3Dアラド戦記モバイル(仮称)』の2作品を発表した。開発はネクソンの連結子会社であるNeopleが担当。

dnf_mobile_2dand3d.jpg


中国では2016年後半にサービスが開始される予定。

DNF_mobile2016_release.jpg

▼中国のアラド戦記発表会で公開された映像



原作同様の2Dアクションが特徴の「2Dアラド戦記モバイル」と、アラド戦記のグラフィックスを3Dにし、3Dのアクションゲームとなった「3Dアラド戦記モバイル」の2つが開発されている。

以下、プレスリリース。

各地域のユーザー嗜好に合わせ、2Dと3Dの両バージョンを開発中
中国で最大同時接続者数500万人を突破した人気PCオンラインゲーム


 オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下ネクソン)は、連結子会社であるNEOPLE INC.(所在地:韓国済州島、代表取締役社長:金明賢/キム・ミョンヒョン、以下 Neople)が、中国で最大同時接続者数500万人を突破した人気PCオンラインアクションRPG『アラド戦記』のIP(注)を題材とするモバイルゲーム2作品を開発中であることを、お知らせ致します。

 今回発表されたモバイル版『アラド戦記』は、中国をはじめ各地域のユーザー嗜好に合わせて『アラド戦記』のIPを題材としたモバイルゲームを提供することを追求した結果、2つのゲームの開発を同時に行うこととなりました。中国向けサービスについては、現地ユーザーにとって、より親しみのある原作『アラド戦記』のグラフィックと操作感を提供する2Dバージョン、韓国及びグローバル向けサービスについては豪快な打撃感など、優れた特徴をもつ3Dバージョンが市場に最も合うとの考えのもと、それぞれのゲームの開発を進めております。

 6月14日に、中国での『アラド戦記』の配信を手掛けるTencent (所在地:中華人民共和国広東省深セン市、以下テンセント)が中国現地で開催した「『アラド戦記』カンファレンス」にて、『2Dアラド戦記モバイル(仮称)』の主な特徴を紹介する映像が初公開されました。原作『アラド戦記』の世界観をもとに、迫力溢れるアクションや多様なゲームコンテンツ等、モバイル向けに最適化された主要なコンテンツに注目が集まりました。

 『2Dアラド戦記モバイル』は、年内のテスト実施を目指し、現在開発を進めております。同作は、テンセントが他地域に先駆けて、中国で先行配信開始予定です。また、『3Dアラド戦記モバイル(仮称)』は、ネクソンコリアが2016年中に韓国市場にて、Android及びiOSでの同時配信を予定しております。

 今回の発表にあたり、Neopleの代表取締役社長であるキム・ミョンヒョンは、次のように述べております。「『アラド戦記』のファンの皆様に親しまれてきたIP力と差別化されたゲーム性は、モバイルゲーム市場においても、ユーザーの皆様にお楽しみいただける素晴らしいタイトルとなると考えております。両作品それぞれの強みを生かし、引き続き、グローバルモバイルゲーム市場への更なる展開を推し進めてまいります。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いじった事無いからわからないんだけど、スマホの捜査でベルトアクションってめちゃやりにくそうなんだけど、どうなんだろう
[ 2016/06/15 20:50 ] [ 編集 ]
スマホでアクションというだけ嘲笑する人いるけど、結局は慣れてしまえばどうということはないですよ
物理キーが存在しないからこそのテクニックが編み出されるスマホのアクションもありますし
アラドのコレはそういうのも期待できそうだから日本で展開されるなら楽しみではありますね
[ 2016/06/16 04:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: