クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

MMORPG「リネージュエターナル」 韓国1次CBT 海外メディアレビュー

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
MMORPG「リネージュエターナル」の第1次クローズドβテストが終了したが、韓国メディアはどう評価しているのか、本稿で簡潔に紹介する。

1sLE_cbt_reviews.jpg


THIS IS GAME
「リネージュエターナル」は、開発会社の意図とプレイヤーが感じる楽しさがずれた代表的な例です。開発チームの意図は、モバイルゲームと似たような感覚で楽しめることで、さらに多くのユーザーを引き込めるオンラインゲームを作りたかったのでしょうが、ユーザーはPCオンラインゲームをプレイしてまでモバイルゲームを体験したいとは思いません。

今の「リネージュエターナル」では、後半に到達する前にほとんどのプレイヤーが「戦闘はスマートフォンゲーム程度なのに、コンテンツだけはMMORPGのようにたくさん増やしたゲーム」と感じてゲームをやめる可能性が高くなります。今回の1次CBTでそうだったようにです。大々的な修正と補完が必要な部分です。

どんなゲームでも、開発者の意図とユーザーが受け入れる楽しさを100%同じにすることはできません。特に何か新しい試みをするときは難しい。だから、開発者は自分の意図がどのようにユーザーに伝わるのかを知る必要があります。ゲームを最後までプレイした記者としては、後半には十分に楽しさを感じたにも関わらず、「リネージュエターナル」が進む道はまだまだ遠いと考えるのはそのためです。


Game Meca
これまでプレイした限りでは、「リネージュエターナル」はかなりよく出来たゲームです。過去作との共通点もたくさん含まれているストーリー、迫力あふれる戦闘とアクション、多彩なコンテンツ、さらに最適化までのどれも欠けることなく、すべて満足できるほどです。

しかし、そのゲーム自体の魅力に焦点を当てると少し残念です。確かに完成度の高いゲーム性を示していますが、リネージュエターナルだけの特徴と言えるほどのコンテンツはありませんでした。多彩なキャラクターやダンジョンというのは、「リネージュ」でなくても他のゲームで見られそうな特徴です。

幸いなことに、まだ「リネージュエターナル」は「血盟戦」や「攻城戦」のようなPvPコンテンツが多い。このような部分をしっかりと溶かし出すことができれば、確実な「リネージュエターナル」の特色であらゆる人を満足させる作品ではないかと思う。


2P.com
ロストアークと比較するなら、リネージュエターナルには遊べるコンテンツがたくさんあるわけではない。
リネージュエターナルは、リネージュのような典型的な狩ゲーで、装備や攻城戦のためにモンスターを倒すことが全てだ。


Game About
今でも十分良いが、今後がさらに期待されるゲーム・・・と、前回のロストアークのレビューでもそうだったように、リネージュエターナルにも同じ評価をしたいと思います。

MMORPGを複数作ってきた経験があるだけに、リネージュエターナルも基本は整った良作だと言えます。皆が心配する方向ですれ違うことなく、着実にコンテンツを築いていけば、今よりも良いゲームになると思います。


inven
ガン・ミンオ記者の総評:
MMORPGが他ジャンルと異なる点は、自分の成長物語をアバターを通じて行うという事です。アイテムの価値は、性能ではなく、それを得た経緯から生まれます。機械的に与えられるクエストとアイテム、経験値報酬はユーザーに利便性を与えることはできるかもしれないが、思い出を与えることはできないだろう。次のテストではより多くのMMORPGの面が出てきてほしい。

パク・テハク記者の総評:
(4人のキャラクターを1人のプレイヤーが操作する)先発隊をフル稼働する「傲慢の塔」までクリアしてみたら、「リネージュエターナル」だけの楽しみを感じた。逆に言えば、そこまでは「リネージュエターナル」だけの特徴を見つけるのが困難だったという意味だ。「リネージュエターナル」は、最近2年間で開発された「先発隊システム」にゲームの命運を任せた。2次CBTではこれをより賢く利用する必要があるように思える。ここに背を向けてしまったら、本当に無色無臭なゲームになる可能性が高い。

イ・ヒョンス記者の総評:
簡単に楽しめるMMORPG。最近は複雑なゲームが多いが、リネージュエターナルは簡単です。フィールドに参加しているプレイヤーのクラスを見て、自分のクラスを変更するのが一番新鮮でした。あえて複数のキャラクターを時間をかけて育てなくてもよいのが良かった。また、クエストもカテゴリーごとに1つだけ受けられるので、山のようなクエストに飽きたり顔が真っ青にならないので気楽でした。1次CBTと考えると、色々と惜しい点もありましたが、簡単さの中で様々な組み合わせを試せるゲームの方向自体は肯定的だと思います

ユン・ホンマン記者の総評:
「リネージュエターナル」にしかない面白さはやや不足していたCBTではないかと思う。ストレートに言えば先発隊システム以外、これまでのハック&スラッシュとの違いを感じるのが困難だった。「リネージュエターナル」の次の目標は明確だ。先発隊システムをどのように強化するのかと、このゲームはなぜ「リネージュシリーズ」であるのかを伝えられるようにする事だろう。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Steparuの動画を見るとdevilianを思い出す
[ 2016/12/08 16:35 ] [ 編集 ]
評判は賛否両論って感じだな
ただ動画みてみた感じやっぱり面白そうだわ これ一番大事
とりあえずやってみるって感じにならないゲームが多い中楽しみにしてるわ
っつーか早く正式初めてくれ
[ 2016/12/08 16:40 ] [ 編集 ]
なかなかええやん
[ 2017/05/11 17:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: