クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

欧州委員会、EU加盟国内のSteam「おま国」や「おま値」でValveを調査。反競争的行為として

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
欧州委員会(European Commision)は、Valve Corporationについて、電子商取引上の「反競争的行為」と疑われる事案の調査を実施したことを明らかにした。

欧州委員会の声明によると、Valveが運営するゲーム配信プラットフォーム「Steam」において、ゲームのアクティベーションキーの使用を特定の地域の消費者にのみ許可していることがEU競争規則に違反する可能性があるという。

バンダイナムコ、カプコン、Focus Home、コッホメディア、ZeniMaxが、PCゲームの独占についてValveと談合を行った可能性があるとして審議対象となっている。上記の5社は、EU加盟国内の一部の地域のユーザーのゲームの購入を制限する「地域制限」を、Valveと協議して行っていたとみられる。

アクティベーションキーは、Steamのストア以外の通販サイトやゲームキー販売サイトで売られているが、EU内においても特定の加盟国でのみ利用可能なアクティベーションキーが存在し、消費者が他の加盟国で利用可能な、より安価なゲームを購入することを防止しており、結果、国境を越える競争を減らそうとしている反競争的行為だと指摘されている。

おそらく、EU加盟国の中の所得の差に応じて、平均所得の低い国では安いアクティベーションキーの利用を許可し、平均所得が高い国では許可しない事によって、平均所得に応じた価格を設定していたとみられるが、EUはこれを問題視しているわけだ。

欧州委員会のMargrethe Vestager競争総局委員は、「電子商取引は消費者に商品やサービスのより広い選択の幅、そして国境を越えて購入できる機会を与えなければならない」とし、「特定の国籍を持っているか、特定の居住地に住んでいるかどうかという理由で、消費者を排除している事が欧州連合の競争規定に違反したかのかどうかを調査する」と話した。


Antitrust: Commission opens three investigations into suspected anticompetitive practices in e-commerce

via PC Gamer
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おま値に関しては日本市場もかなりのモノ。
"Rainbow Six Siege"なんて欧州は定価49€やけど、日本だと定価8,100円ですよ。
今セール中で半額やけども、それでやっと4,050円...ちょっと勘弁してくだしあ。
19€とか$24.99とか見ると頭おかしくなりそうやわ。

理不尽で理由不明なおま国も勘弁してほしい。
"EVE ONLINE"とかの理由が理解できるおま国なら納得できるが、SEGAの"Spiral Knights"みたいな分けわからんおま国は勘弁してや。
[ 2017/02/03 15:03 ] [ 編集 ]
しかし今回の記事内に日本の文字は全くないのであった
日本のおま国扱いはこの先もずっと続くんだろうな
[ 2017/02/03 17:29 ] [ 編集 ]
そら日本に当てはめるなら複数の代理店が契約したうえで談合して地域を棲み分けてお互い地域外はサポしないってとこまでいった状況でしか同じといえないから

でもそれ悪なの?って言われるとケースバイケースだしあくまで向こうの管轄内の話でしかないしな

日本でこんなものに当てはまる好例が電力会社の地域一社制だし行政が主導してる代物だという
[ 2017/02/03 18:20 ] [ 編集 ]
今回の件は日本とは関係なく、あくまでEUでの話で
「EU加盟国の中の所得の差に応じて価格を設定していた」のが問題視された、と。

でもこれ解決しようとしたら、値段がEU内一律で高めに設定されて
所得が低い国の人が割を食うことになるのでは…?
[ 2017/02/04 00:23 ] [ 編集 ]
EUはこうして問題にしてるからいいけど、日本は…
[ 2017/02/04 02:00 ] [ 編集 ]
日本がおま値を解決するには中国韓国巻き込んでASEAN作れば解決できるっちゅーことなのね
[ 2017/02/04 03:58 ] [ 編集 ]
>>所得が低い国の人が割を食うことになるのでは…?

問題になってるのは「域内で同一商品が価格差が生じていて、かつ特定の地域からのみ購入できる状態」
だから解決方法は複数あって

1,全ての地域を同一価格にする。
2,地域ごとの価格設定にするが他地域のものを購入しようと思えば買える(購入制限をしない)
3,全ての地域から購入可能にするが言語が1種類しか入っていないものを価格を変えてリリースする。

この3つの方法いずれでも規定をクリア出来るんよ。
1は高い方に合わせても低い方に合わせても問題が出るからまずありえない
2は情報弱者だけ損をする形態、ありえなくもない感じ
3が販売側にとって規定をクリアした上でこれまで守ってきた利益と協定をそのまま継続出来る方法

さてどれになるのかね一体
[ 2017/02/06 06:18 ] [ 編集 ]
4.ValExit
[ 2017/02/06 13:55 ] [ 編集 ]
↑*8
向こうは売れなかったらメーカーが買い取ってくれる制度あるから安く出来るけど、日本は売れ残ってもメーカーは買い取ってくれないから売れ残ったときのリスク考えると値段が高くなるのはしゃーない。
[ 2017/02/07 17:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: