クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

オンラインアクションRTS「Kingdom Under Fire II」 日本サービスはまだ中止ではない。秋にロシアでOBT

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
MMORPG/RTS「Kingdom Under Fire II」(キングダムアンダーファイア2)の開発会社、BlueSideのCEOへのインタビューで、日本サービスはまだ提供予定であることが明らかになった

kuf2_ps4play_directfeed.jpg


Kingdom Under Fire IIは2008年に発表されたオンラインゲームで、当初の予定では2014年に日本等でサービスを開始する予定だったが、依然としてサービス開始には至っていないどころかベータテストも行われていない。

もともとMO形式だったものが、MMOになり、ここ数年でもゲームの大幅な改変が行われているようだ。

一方で、中国においては既にベータテストを実施しており、まもなくオープンベータテストが行われる予定となっている。

インタビューを受けたCEOによると、キングダムアンダーファイア2はまず中国で最初にサービスを開始し、その後台湾サービスのベータテストが開始される予定だという。台湾では12月に1度CBTが行われている。

さらに、2017年夏にはロシアでCBTが、秋にはロシアのオープンベータテストを予定しているとのこと。

そして、ロシアサービスが開始された後に、北米・ヨーロッパ・韓国・日本とその他の地域のサービスに注力することになるという。

なお、北米とヨーロッパではPS4版とPC版が同時にリリースされる予定。

開発期間が長いことから、既に7800万ドル(約88億円)もの開発コストがかかっているようで、これは韓国のオンラインゲームの中で最も高額だという。


Kingdom Under Fire IIに使用されているエンジンは、Bluside自社製のものだが、最新版の「BlueSide 3.0」では同一画面上に最大6万体のユニットを表示できるという。

PS4版のロンチ時にこの新しいゲームエンジンが使用されたものが公開されるようで、以降でPC版のゲームエンジンもアップグレードされるという。
6万体のユニットを同一画面に生成できるゲームエンジンは他にないという。

また、ユニットを1万体表示した時のデータ流量は、当初は100KB/sもあったが、中国サービスにあたってこれが問題となり、3年かけて11KB/sまで減少させることに成功したとのこと。

BlueSideはKingdom Under Fire IIのVR版も開発しているようで、5月~6月頃にデモ版をリリースできるという。


ゲームのコンテンツに関しては、現在開発チームがエンドゲームコンテンツを作っているようで、複数の段階に分かれ、クリアに3ヶ月ほどかかるレイドなども存在するとのこと。
BlueSideは4~5ヶ月ごとに新しいクラスのキャラクターを追加していく予定だという。


ソース: Goha.ru



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
すっかり忘れてたわ、まだ作ってたのね
[ 2017/02/11 12:40 ] [ 編集 ]
これ凄い不良債権なんじゃなかろうか

>当初は100KB/sもあったが、中国サービスにあたってこれが問題となり、3年かけて11KB/sまで減少させることに成功したとのこと。
ワロw
[ 2017/02/11 13:26 ] [ 編集 ]
あーあったねこれ完全に忘れてたわ
それなりに楽しみにしてたんだけど
[ 2017/02/11 14:01 ] [ 編集 ]
おれも忘れてた
[ 2017/02/12 06:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: