前の記事 ホーム 次の記事

「TERA」のアートディレクター NCSOFTに出戻り

2017年03月15日14:09  カテゴリ:TERA
Blueholeで「TERA」のアートディレクターを務めた、ファン・チョルウン氏がNCSOFTに再入社したことが明らかになった。

tera_ad_toncsoft.jpg

ファン・チョルウン氏は、NCSOFTで「リネージュ2」のメインアートディレクターを務め、その後「リネージュ3」の開発に参加していたが、「リネージュ3」の主要スタッフと共にNCSOFTを退社してBluehole Studioを立ち上げ、「TERA」のプロジェクトに参加するに至った。

ご存知の通り、NCSOFTは「リネージュ3」の営業機密を持ち出されたとして退社した開発者らを訴訟し、刑事裁判では営業機密を持ち出したとされる開発者らに有罪判決が下されている。一方で、民事裁判ではBlueholeが勝訴している。

かつてNCSOFTを退社してNCSOFTの敵となった人物が10年経って再びNCSOFTに戻ってきたという点で興味深い。
さらに、チョルウン氏はNCSOFTの"常務"に就任したという。

Bluehole時代は、アートディレクターとしてTERAのグラフィックス作業の統括をし、TERAのライブサービスの統括も行い、TERAのIPを使用したモバイルゲーム「エリーン遠征隊」「Project T2」などにも参加している。

一方で、「T2」に関しては求められる品質をクリアできず、開発が中止されたと報じられており、これを機にチョルウン氏はBlueholeを退社したとみられている。


ソース: THIS IS GAME, enewstoday
【タグ】業界 TERA MMORPG

前の記事 ホーム 次の記事