クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

マクラーレンF1チームとロジテック、eスポーツ大会開催を発表。勝者には本物のF1マシン開発協力を依頼

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
イギリスのF1チーム及び自動車メーカー・マクラーレンとスイスのコンピュータ周辺機器メーカーのロジテックは、レーシングゲームの大会「World Fastest Gamer」を開催すると発表した。優勝者にはF1マシンのシミュレータードライバーの仕事を契約できる権利が与えられる。

WFG_mclarenf1.jpg


eスポーツ大会シリーズ「ワールド・ファステスト・ゲーマー」は、複数の異なるプラットフォーム上のレーシングゲームで行われ、一つのゲームだけではなく複数の種類のレーシングゲームで競い合い、最終的にファイナリスト10人が決定するという。

ファイナリストはマクラーレンのファクトリーに招かれ、優勝決定戦が行われる。

優勝者にはマクラーレンのシミュレータードライバーとして1年間の契約が与えられ、F1マシンの開発に携わることができるという。

これまで、日産自動車がプレイステーションのグランツーリスモと協力してレーシングドライバーを育成するGTアカデミーというものが存在していたが、レーシングゲーム大会の勝者にF1のシミュレータードライバーの権利を与えるという試みは初。





レーシングカーのシミュレーターは選手が練習に使うだけでなく、マシン開発において新しいパーツがドライビングに与える影響を検証する目的でも重要だが、現代のリアルレーシングゲームは本物のシミュレーターにかなり近いレベルの再現が出来ているものもあり、レーシングゲームで速い人はシミュレーターでも力を発揮できる可能性が高く、人材を発掘するという狙いがあるようだ。

実際、日産とプレイステーションのGTアカデミー出身のルーカス・オルドネスやヤン・マーデンボローは現実のトップカテゴリのレースでも活躍している。



▼F1マシンのシミュレーター
simulator_f1_03.jpg

simulator_f1_02.jpg


▼ロジテックGのステアリングホイールが使われる?
Logicool ロジクール G29 ドライビングフォース LPRC-15000

ソース: McLaren
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミュレータならドライバーの負荷を無視していろいろ試せるからそれなりに有意義なんかねぇ

………いや、30年前でさえいろんなリミッタやデチューンが必要だったしそりゃないかw
[ 2017/05/10 13:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: