クルトゥーア
Twitter フェイスブック RSS

MMORPG「Astellia」欧米サービスが決定

TwitCount Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Barunson E&Aは、MMORPG「Astellia (アステリア)」の北米及びヨーロッパサービスを発表した

astellia_mmo_western.jpg


Astelliaは、伝統的なテーマパーク型MMORPGの仕組みに加えて、仲間を召喚しながら戦うシステムが特徴の3DファンタジーMMORPG。召喚できるアステルと呼ばれる仲間のキャラクターは30種類以上登場し、これらを組み合わせる事で戦略の幅を広げる事ができる。

一方、召喚以外は本当に量産型という言葉が似合うMMORPGである。

欧米サービスは年内に開始予定。




Astellia 公式サイト(欧米向け)



実はTree of Saviorの"同期"


Astelliaは紆余曲折を経て完成したMMORPGであり、初公開されたのは2011年の事だが、開発自体は2008年頃から行われていると推測されている。タイトルも、初公開時は「アケロン」と呼ばれていた。

元は、2011年にハンゲームのイベントで「Project R1 (現:Tree of Savior)」や「EOS」「クリティカ」「Kingdom Under Fire II」等と共に発表されたタイトルだった。(参考:4Gamer
Astelliaは、言ってみればTree of Saviorの同期のようなものだ。

2013年にNHN ハンゲームは本作のパブリッシング契約を破棄したが、その後、中国企業の迅雷がパブリッシング契約を締結し、「Project A」として再開発されて今に至る。
2011年時点ではハンゲームによる日本サービスも決まっていたが、パブリッシング契約は解除された可能性が高い。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の量産型はハクスラ・性別固定・クォータービューだからこいつはそれより一昔前のシステムだな

逆にこういうタイプは久しぶりだから最初は人がくるかもね
[ 2019/01/15 15:00 ] [ 編集 ]
こういうのでいいんだよ
斜め見降ろし方のMMOはなんか違う感じがするしね
[ 2019/01/15 19:01 ] [ 編集 ]
Kingdom Under Fire II
これ2009年には発売予定アナウンスあったから
今年で10年か
[ 2019/01/15 19:15 ] [ 編集 ]
Kingdom Under Fire II
久しぶりに聞いたわ
[ 2019/01/15 19:33 ] [ 編集 ]
召還キャラも大して操作しなさそうだしこれならTERAでいいのでは
[ 2019/01/16 02:13 ] [ 編集 ]
シコリティも高そうだしこういうのこそ日本へのローカライズを優先しろと言いたい
[ 2019/01/18 09:35 ] [ 編集 ]
でも出ても金落さないじゃん(定期)
[ 2019/01/19 11:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
個人情報を投稿しないようにお気をつけください
管理人にご用のある方は「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れてください。もしくは、メールフォームをご利用ください。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: