MMORPG「幻想神域」開発チームのゲーム紹介ムービー公開。台湾では8月にCBT はてなブックマーク - MMORPG「幻想神域」開発チームのゲーム紹介ムービー公開。台湾では8月にCBT

台湾のX-LEGEND Entertainmentの最新作「幻想神域 -Fantasy Frontier-」(ファンタジーフロンティア)の開発チームがゲームの内容を紹介する映像が公開された。ただし台湾語で説明している。
また、台湾クローズドベータテストが8月1日にスタートすることも明らかになっている。

ファンタジーフロンティア

ムービーの中で、レベル28のダンジョン「白石神殿殿堂」とレベル38のダンジョン「微光秘境」が公開されている。ダンジョンは5人で攻略することになるとのこと。



幻想神域ではキャラクターが2種類の武器を所持でき、武器の種類ごとにスキルが用意されているため、この武器の組み合わせが重要となる。キャラクターは重鎧であれローブであれ、あらゆる種類の防具でも装備できるという。

台湾版のトレーラーだがなぜか日本語が登場。キャラクターデザインも日本のアニメをイメージしていると説明されている。




▼幻想神域 CBT 実際のプレイ動画




幻想神域台湾公式サイト
コメント

※当サイトのプライバシーポリシー及び問い合わせ先につきましてはこちらの記事をご覧ください。管理者本人によるコメントは名前が赤字で表示され、当サイトのアイコンが横に表示されます。

Comments 2

コメントはありません
名無し春香さん  

台湾は日本の「の」の文字が浸透してるんだとか。英語のofが日本人にも馴染みがあるような感じで

で、ダンスがハレ晴れユカイだったり、二番目のトレーラーのBGMが日本のフリー素材でその明記がなかったり危ないなぁ色々と

  • 2013/07/25 (Thu) 21:59
  • 返信
名無しの壺さん  

グラフィックは綺麗だと思うけど
戦闘システムがMMOにありがちな自動戦闘クリゲぽいのが残念

関連記事