MMORPG「ライムオデッセイ」 日本に来ることなく韓国サービス再び終了へ はてなブックマーク - MMORPG「ライムオデッセイ」 日本に来ることなく韓国サービス再び終了へ

invenによると、MMORPG「ライムオデッセイ (Lime Odyssey)」の韓国サービスの終了が2014年初頭に検討されていることが明らかになった。
業界関係者によると、開発元のCykan Entertainmentは財政上の問題などの理由で韓国におけるゲーム事業の撤退を決定したという。
2014limeodysseyclosure.jpg
ラグナロクオンラインに関わっていた開発者によって製作された「ライムオデッセイ」は、2007年にシリウスエンターテインメントが開発を始め、2011年にオープンサービスを実施した。

発表当初は第2のラグナロクオンラインなどと言われ注目を集めたが、不安定なサーバーと致命的なバグによる慢性的な問題で、サービス開始からわずか3ヶ月でサービスを停止した。

2013年には法人名がCykan Entertainmentになり、Daumによって復活したが、韓国サービスの収益の悪化によって撤退の決定が下されたようだ。

イラストレーターが日本人で、日本サービスもゲームオンによって予定されていたが、結局日本に来ることはなかったようだ。

北米サービスがどうなるのかは現時点では不明


ソース: inven





コメント

Comments 1

コメントはありません
葉月  

US版幻想リリース後みたいな書きこみなら見た。この場合、リリース後が正式にあたるのか、cb時にあたるのかまでは解らないけども

  • 2013/12/10 (Tue) 12:57
  • 返信
関連記事