「プレイヤーはゲームのプロットを思い出せない。プロットは過大評価されている」LOL開発者ら講演 はてなブックマーク - 「プレイヤーはゲームのプロットを思い出せない。プロットは過大評価されている」LOL開発者ら講演

アメリカ サンフランシスコで開催されたGame Developers Conference 2014で、リーグ・オブ・レジェンズのナラティヴリードデザイナーのTom Abernathy氏と、Microsoft Game Studios リードデザイナーのRichard Rouse III氏は「三幕構成に死を!」という題で講演を行った。

この講演の中で2人の開発者は「プレイヤーがプロットをよく覚えていない」ということを取り上げた。
マイクロソフトによれば、映画やドラマに比べてゲームではストーリーがそこまで大きく記憶に残らないという研究結果が出たという。

「あなたのお気に入りのゲームのプロット(筋書き)を教えてください」と聞いても、たくさん語れる人や正確に答えられる人は少なかったとのこと。
その理由は、映画やドラマと比べ、操作などの他のことをしなければならないゲームでは常に複雑なプロットやストーリーに精神を集中することが難しいからだという。

物語の最初から最後までの流れや脚本を記憶しているプレイヤーは少ないようで、ゲームのプレイヤーが記憶しているのはプロットではなく「キャラクター」だったという。また、キャラクターを覚えていても、ゲームのプロット上の役割は大して重要ではないという。

また、ValveのSteamのデータでは、エンディングを見たユーザーはマスエフェクト2で56%、Bioshock Infiniteで53%、スカイリムで32%、バットマンアーカムシティで47%で、エンディングを見ている人は半数程度だったようだ。

"統計では、ほとんどのプレイヤーはゲームを最後までクリアしていない"という。

その一方でゲームのプレイヤーはキャラクターのことはよく覚えており、プレイヤーはゲームのプロットよりもキャラクターを通じて体験したことを大切にしているため、ストーリーだけに集中するのは良い戦略ではないとのこと。

2人の講演者は最後に、「ゲームにおいて、プロットは過大評価されています。プレイヤーはプロットを思い出せません。彼らが覚えているのはキャラクターです。」と結論づけた。

それを踏まえた上で、ゲームの開発者やデザイナーはキャラクターと体験を重要視し、物語(ナラティブ)もユーザー体験やレベル/ミッションデザインの構造的なニーズに結びつけるべきだとした。


GDC: 'Plot is Highly Overrated' in Games, Says Devs - IGN
コメント

Comments 3

コメントはありません
-  

FEZに関しては自身を持って初期のほうがよかったな。コスト無しだから非課金は邪魔にならなかったし職バランスも悪くなかったし凄い楽しかったわ

今じゃ下手糞の要望聞きすぎて凄いつまらなくなった

  • 2014/04/13 (Sun) 14:09
  • 返信
-  

↑的外れな投稿してすいませんでした

  • 2014/04/13 (Sun) 14:11
  • 返信
-  

所謂ゲーム操作重視のゲームは、ストーリーより敵と戦う事を考えてやっているので、確かにストーリーは記憶にない事が多いですね。

ですが、スカイリムはストーリーも面白かったので覚えています。
覚えているかいないかはゲームによってですよね。

  • 2014/05/17 (Sat) 23:13
  • 返信
関連記事