日本語化されたことがない名作MMORPG ベスト5 はてなブックマーク - 日本語化されたことがない名作MMORPG ベスト5

The Elder Scrolls Onlineの日本サービスは予想外だったが、海外には、良作と言われながらも日本語版がないMMORPGが多く存在する。
本稿では、日本サービスが行われていない、または、これまで一度も日本語版が登場したことがないMMORPGのトップ5を紹介。

fjlaslfajfieriakjfadsfa.jpg
※現在海外でサービスが行われているゲームのみ対象

1. World of Warcraft


サービス開始から10年以上経ってもいまだにMMORPG世界1位の座に君臨する。

クエスト、インスタンスダンジョン、レイド、さらにはユーザーインターフェイスやシステムも含めて多くのMMORPGがWorld of Warcraftを手本にしてきた。

WarcraftというBlizzardの人気シリーズをベースにしただけでなく、WoW以前のMMORPGの常識を覆すようなゲームデザインによってMMORPGの敷居を下げ、ジャンルの人気・知名度の獲得に貢献している。

近年のアップデートではキャラクターモデルから地形にいたるまでグラフィックス面を大幅に改良している。

World of Warcraft 公式サイト




2. Guild Wars 2


World of Warcraft後にテンプレ化されたMMORPGの仕組みを変えようという試みをしたMMORPG。
ストーリー以外のクエストに該当するものが存在せず、フィールド上で同時多発する「ダイナミックイベント」がメインコンテンツとなっている。
また、世界の探索という部分にも力を入れており、隠された洞窟が多数存在したり、フィールド上のジャンピングパズルを解いたり、既存のエンドコンテンツの概念にとらわれない楽しみ方が可能。

アップデートの度にストーリーに応じて世界の姿が変わっていくLiving Worldという挑戦的な試みもしていた。
サーバー対サーバーの「WvW」では大規模な対戦も行われる。
Structured PvPではPvPとPvEが完全に切り離されており、PvEの進捗具合に影響されないPvPが可能となっている。

コンテンツは制限されるが実質基本プレイ無料となった。拡張パック「Heart of Thorns」では新しい概念が多数導入される。

Guild Wars 2 公式サイト




3. The Secret World


当サイトでも以前に「過小評価されたMMORPG」として紹介した

現代を舞台にしたMMORPGで、秘密結社等オカルトチックなテーマを扱っている。東京も登場。

ゲームへのクエストの実装の仕方が上手く、クエストを単なるレベル上げの道具にしていない。
また、クラスが存在せず、スキルポイントの割り振りや武器の選択によってプレイヤーの個性が決まる幅広い成長システムを持つ。

残念ながら日本からはSteam版にアクセスできない。


The Secret World 公式サイト




4. Rift


2011年にサービスが開始された「Rift」は、サービス開始当初は「WoWのクローン」だと言われた。
しかし、Trion Worldsのその名を世界にしらしめるには十分なクオリティのゲームで、敵モンスターがポータルを通じてフィールドに侵攻し、プレイヤーたちのいる村や拠点まで攻めてくるというダイナミックなコンテンツは昨今のMMORPGにも多大な影響を与えた。

4つのメインクラスそれぞれに10のサブクラスがあり、その中から3つを選ぶスタイルで、キャラクタービルドの奥深さも持ち合わせている。

2013年には基本プレイ無料化した。

RIFT 公式サイト




5. RuneScape 3


世界で最も人気のある無料MMORPGというギネス世界記録を持つ。

JavaやHTML5によって動作するブラウザゲームだが、これまで作成された累計アカウント数2億個という途方もない数字を持つ。

2001年にRuneScape 1が登場し、ゲームエンジン等を進化させて現在のRuneScape 3に至る。

古風なMMORPGだが未だに欧米での人気は高い。

RuneScape 公式サイト


コメント

Comments 3

コメントはありません
-  

※なお、管理人は未プレイです。

  • 2015/09/24 (Thu) 17:22
  • 返信
kam  
ベスト、と言う基準がわかりませんが…

WoWはウォークラフトが日本で売れなかった為に日本語化されない、と
聞いたことがあります。

ファンコム社のゲームは基本的に日本語対応していません。
シークレットワールドだけに留まらず、良作が揃っています。
Anarchy Onlineは現在、無料でプレイ可能ですが全く日本語化されません。
Age of Conanも無料で面白い作りではありますが日本語はありませんね。
どちらも今でもプレイヤーが結構いますが、日本での扱いは低いです。

DCユニバースオンラインは超人物の異色作ですが日本語環境ではプレイが
一切出来ない為、日本での知名度は相当に低くなっています。

Riftの後、トリオン社はDefianceというゲームを大々的に開始しましたが
こちらは日本では一切知られていないゲームの一つです。
内容はRiftのシステムをそのまま持って行った物でテレビドラマとの
タイアップもしていて、ドラマ自体は日本でもDVD発売されていますが
ゲームに関する情報はほぼ存在しません。Steamで無料プレイ可能です。

日本人は英語を拒絶する傾向が強いので、良作であってもプレイしません。
どんなに面白いと言われても手を付ける人は本当に極一部の人だけです。

結局、日本人のプレイしているものはかつてあったクローン的な物ばかりで
そればかりやっているから新しい方向に目を向ける事がなくなったのでは
ないかと自分は考えています。

海外の考えでは「英語だからしない」という言語の壁は余り意識されて
いない様ですから、それで面白くてもプレイしない、という発想が出ず、
余計に日本展開がされないケースが多い様に感じます。

逆に考えれば、言語の壁を超えられない人は海外の人間を罵倒したり
無視したりする人間が多いですから、そういう意味では日本国内から
恥を流出させないと言う観点から「引きこもらせて置いた方が被害がない」
という意味では下手に日本語展開されない方が良いのかもしれません。

  • 2015/09/30 (Wed) 14:09
  • 返信
Diarna  
日本語化は時と場合によりけり

Anarchy Onlineは日本語チャットが出来るし、日本語の外部スクリプトを表示させたり出来るからまだいい方。
Age of Conanは序盤以外まともに作られてない残念仕様だった。

The Secret Worldは後半は日本語出てくるのが嬉しいですね、英語だけじゃなくいろんな言語が舞台となる地域で出てくるので(トランシルバニアならルーマニア語、エジプトならエジプト語)、むしろ日本語化なんかしたら邪魔なだけだと思う。
モールス信号解読ミッションなんて日本語化したからってどうにかなる物じゃないですしw

北米版しか存在しないのに日本語版があるMMORPGとかもいくつかありましたね、Tabula Rasaとか、1年ちょいくらいでサービス終わりましたが。

ドイツのMMOとかも結構気になってるのありましたが、ドイツのMMOとかも日本に入ってこないですねー。
Neocron、BlackProphecy、あとOtherWorldも面白そうでしたね、世界観が。

ロシアMMOのAllods Onlineも短期間日本語版が出てサービスされてましたが、同じロシア産のSkyforgeとかもまだ日本語版が出るって話も聞かないですね。

この場合においてのベストってのは、筆者の基準ですから。
流石にやった事のない、知らないゲームまでは基準に入れられないと思う。

関連記事