ゲームクライアント100GB時代突入か。PCゲーム「Star Citizen」 はてなブックマーク - ゲームクライアント100GB時代突入か。PCゲーム「Star Citizen」

2016年の発売が予定されているスペースコンバットシミュレーター「スターシチズン(Star Citizen)」のクライアントのサイズが100GB程度になる可能性があることが明らかになった。

starcitizen_100gb.jpg

開発元のCloud Imperium Gamesがフォーラムでユーザーからの質問に答え、その中でゲームクライアントのサイズは最適化が行われた最終仕様でも100GB近くなるかもしれないと明らかにした。

また、パッチ1回でも大量のアセットが含まれており、小さくても2~6GB、ゲームの3~4割のデータを更新するパッチだと1回で14~20GBになると予想しているという。

Star Citizenは開発当初からゲーミングPCでのみプレイ可能な次世代ゲームを標榜しており、その分データサイズも大きくなるようだ。

Star Citizenは「FPSモジュール」「アリーナコマンダーモジュール」「プラネットサイドモジュール」など、異なるタイプのゲームシステムを複数含んでいる。

▼「アリーナコマンダー」モジュールのゲームプレイ



▼「プラネットサイド」モジュールのゲームプレイ


Star Citizenは現在までに約7500万ドル(約90億円)の開発費をクラウドファンディングによって獲得している


ソース: PC Gamer
コメント

Comments 1

コメントはありません
-  

要求スペックもそれなりなんでしょうけどね…
ここまで来てしまうと敷居が高くてライトユーザーが離れていくのでは?

関連記事