「WoWスタイルのMMO時代は終わった」 H1Z1, EQ開発元Daybreak社長語る はてなブックマーク - 「WoWスタイルのMMO時代は終わった」 H1Z1, EQ開発元Daybreak社長語る

Sony Online Entertainment改め「Daybreak Game Company」のプレジデント, John Smedley氏はGamesIndustry.bizのインタビューの中で、新しい時代のオンラインゲームについて語っている。

daybreakcompnay_logoofficial.jpg

Daybreak Game CompanyのSmedley氏は、同社が既にサービスしているタイトルと同じようなタイプのゲームを作っていくことはないとした。

私はWoW(World of Warcraft)スタイルのMMOの時代は終わったと確信しています。そしてそのことは、我々が時代と共に変わって行かなければならないということを意味します。
幸運にも、我々は遅れるどころか早い段階でそのバスに乗ることができました。しかし、我々は自分たちが作っているものを変えようとしています。

H1Z1を見てみてください。H1Z1はMMOですか?もちろん定義上はそうです。
しかし私は、H1Z1は人がたくさんいるセッション制のオンラインゲームだと考えています。
H1Z1の平均余命が45分かもしれないので、私はそう言っています。そして、それが最近のゲーマーが望んでいるものです。
未だにWoWやエバークエスト、エバークエスト2のレイドを毎晩やっている人がどのくらいいるか知っていますか?
時間の掛け方はそれだけ大きく変化しました。だから我々は時代と共に変わる必要があるのです。ですので、我々はもっと幅広いゲームとゲームスタイルを取り揃えることに興味を持っています。



daybreak_h1z1_image2015a.jpg


John Smedley氏に加え、Daybreak Game CompanyシニアバイスプレジデントのLaura Naviaux氏は、H1Z1のようなアーリーアクセス版を20ドル程度で販売した後、課金アイテムも販売するというビジネスモデルが業界のスタンダードになるには不十分だとしながら、さらに探究をしたい部分であると話している。

また、PS4やXbox Oneなどのコンソールにおける基本プレイ無料ゲームに関しては、まだ揺籃期で競争も多くないので、Daybreakは恩恵を得ようとしているという。
Smedley氏は消費者やゲーマーという立場なら、PS4やXbox Oneを買ったら、まず無料で何ができるかを探すので、無料のコンテンツがコンソールに組み込まれていれば、プレイヤーにもゲーム会社にも多大な価値が生まれるとしている。

その一方で、多額の開発費をコンソールの基本プレイ無料ゲームに投資するのはリスクがあるため、開発者たちは消極的であり、それがコンソールの基本プレイ無料ゲーム市場が成長不全な理由になっているという。

Smedley氏は、コンソールではあまり多くない大作基本プレイ無料ゲームがどうなるのかということに関しては、DaybreakがPlanetSide 2をPS4でリリースしたらすぐ教えると語った。


ソース: gamesindustry.biz
コメント

Comments 1

コメントはありません
-  

無料()商法にはやく法の手が入って欲しいわ

  • 2015/04/30 (Thu) 15:41
  • 返信
関連記事