兵役中の韓国人ゲーマー、「ハースストーン」がやりたくて全カードを手描きで再現 はてなブックマーク - 兵役中の韓国人ゲーマー、「ハースストーン」がやりたくて全カードを手描きで再現

兵役中の韓国人男性が、オンラインゲーム「Hearthstone: Heroes of Warcraft」のカードを全てノートに手描きで再現していたことが話題となっている。

krhs_handdraw_hscard_01.jpg

韓国では男性に約2年の兵役義務が課せられるが、軍の宿舎でPCゲームやスマートフォンゲームを遊ぶということは許されていないようだ。

テレビや本といった娯楽では満足できなかった兵士が、自分が兵役前にプレイしていたBlizzard Entertainmentのオンラインカードゲーム「ハースストーン」をどうにかして遊ぶべく、PXで購入したノートに全てのカードを描いてカットして再現した画像がアップされた。

krhs_handdraw_hscard_03.jpg

krhs_handdraw_hscard_05.jpg

krhs_handdraw_hscard_08.jpg

どうやら1日1時間しかこの作業が可能な時間がなかったようで、同じ部隊の同期の兵士2人の助けも借りてなんとか仕上げた模様。

完成後は20面ダイスや12面ダイス、6面ダイスを使ってランダム要素を再現したり、碁石を使ってライフやマナを再現して遊んでいたとのこと。

途中でLeeroy Jenkinsがナーフされマナコストが4から5になったことも折り込み済みだったという。

krhs_handdraw_hscard_02.jpg

krhs_handdraw_hscard_06.jpg

カードを自作した男性は現在、兵長に昇進したためカードで遊ぶことはあまりなくなったようで、カードを一番遊んでいたのは一等兵の時だったという。

ソース: Reddit, dcinside


Hearthstone 公式サイト
コメント

Comments 0

コメントはありません
関連記事