LoL WCS2015の累計視聴数は4週間で3億3400万。決勝の同時視聴者数は1400万人 はてなブックマーク - LoL WCS2015の累計視聴数は4週間で3億3400万。決勝の同時視聴者数は1400万人

Riot Gamesは、2015年10月に行われたLeague of Legendsのワールドチャンピオンシップの累計視聴数が3億3400万アクセスに達し、平均の同時視聴者数が420万人、決勝戦の最大同時視聴者数は1400万人だったと発表した。

lolwcsviewercount2015.jpg
累計視聴数は、4週間に渡って行われた全73試合の配信のユニークインプレッションを合計したものになっている。

ドイツのメルセデス・ベンツアリーナで開催されたSKT対Koo Tigersの決勝戦の視聴者数は3600万人を記録したとのこと。


World Championship 2015 配信のデータ

累計視聴数(ネット配信とTV放送の各日のユニーク視聴者数を合計したもの)・・・3億3400万

平均同時視聴者数・・・420万人

決勝戦の最大同時視聴者数・・・1400万人

決勝戦の合計視聴者数・・・3600万人



Riot Gamesは、「2015年はeスポーツのファンにとって歴史を作るような並外れた年になりました。そして、LoLのファンの情熱と献身がその中で重要な位置を占めていることを誇りに思います。」としている。

ソース: League of Legends 公式サイト
コメント

Comments 2

コメントはありません
-  

なにが彼らをそこまで熱くさせるのか

  • 2015/12/13 (Sun) 21:05
  • 返信
バカボット  

>なにが彼らをそこまで熱くさせるのか

WCSを観てなおも分からないなら、生きている意味が無いに等しい。
プロゲーマーの腕前、それに呼応する観客、世界が注目するに値するエンターテインメントだ。

  • 2017/01/15 (Sun) 17:51
  • 返信
関連記事