「Tree of Savior」 英語版 3月22日よりアーリーアクセス開始。6月19日よりサービス開始 はてなブックマーク - 「Tree of Savior」 英語版 3月22日よりアーリーアクセス開始。6月19日よりサービス開始

IMCGAMESは、MMORPG「Tree of Savior」のインターナショナル版のSteam早期アクセスを3月22日より開始すると発表した。
また、インターナショナル版の正式サービスが6月19日より開始されることも明らかになった。


tos_earlyaccess_international.jpg
Tree of Saviorのインターナショナル版はSteamでサービスが提供され、3月22日より早期アクセスが開始される。
早期アクセスの権利が含まれるデジタルパッケージは3月16日に発売。

早期アクセスは有料となっており、価格は以下のとおり。

3月22日(3ヶ月前)から参加可能・・・49.99ドル(約5600円)
4月21日(2ヶ月前)から参加可能・・・29.99ドル(約3400円)
5月20日(1ヶ月前)から参加可能・・・19.99ドル(約2250円)

6月19日からは正式サービスに移行され、全てのユーザーが無料でゲームをプレイできる。
正式サービス移行時には後発組用の新規サーバーが追加されるとのこと。

なお、インターナショナル版は日本、韓国、中国、台湾、インドネシアのIPはブロックされるとのこと。

英語版は韓国版にはない要素がいくつか追加・調整されるようだ。


tos_international_launch.png

ソース: Tree of Savior 公式サイト(英語)
コメント

Comments 13

コメントはありません
-  

突き抜けた早期回収だなあ…

-  

「英語版は韓国版にはない要素がいくつか追加・調整されるようだ。」
おいおいどこも同じ内容にするんじゃなかったか?差別してたら本土の連中が爆発炎上するぞ。
いやもうしているかもしれんが……

  • 2016/03/16 (Wed) 06:49
  • 返信
-  

3ヶ月早期とかやる気がある層はサービス開始前にやめて過疎るか、カンスト勢が多数でインフラ起こりまくりで経済崩壊してるかの2通りの未来しかないなぁ。

  • 2016/03/16 (Wed) 06:52
  • 返信
-  

アイテム課金で始めてしまった方が客受けよさそうなんたが

  • 2016/03/16 (Wed) 07:01
  • 返信
-  

実質アジアはブロックだから関係ないっちゃ関係ないけどね
正式後新規サーバーを選べばいいだけだし。
問題はガチャがOKな日本の形態だな。
追加要素ぶちこんできたってことは
日本独自の集金システム放り込んでくる可能性がでかいね。
ステータス微増のアバターガチャが濃厚かもね。
マウントやペットの類はクラスによっては使えない・使わないからいいけど。
どっちみちこの手のゲームは欧米人には受けない。
ビジュアルと作業になるようなゲームはアジア人向けだし
欧米在住のアジア人からある程度回収して
ガチャにあほほど金使う日本人から回収して終わりか。

-  

すでに本土でステータス付きアクセを現金で販売しているよ
さらにそのアクセに付いているオプションを変えるスクロールも販売しているし(ゲーム内でも取れるが)
日本でも同じことになるのはほぼ間違いないだろうな

  • 2016/03/16 (Wed) 10:10
  • 返信
名無しさん  

ゲームで使えるポイントなどを買うことで先行プレイ権(実質のβテスト)が出来るネトゲはしたこともあるからそこはいけどなんで3段階に分けてるんだ

  • 2016/03/16 (Wed) 11:26
  • 返信
-  

流石に3ヶ月差はしらけるなw

  • 2016/03/16 (Wed) 18:22
  • 返信
-  

バグとチートは全部潰したの?

  • 2016/03/16 (Wed) 21:47
  • 返信
-  

日本でもやってくれ、たかだか6k程度痛くもない

  • 2016/03/16 (Wed) 22:21
  • 返信
-  

反発が多かったからかIMCは昨日ファウンダズパックの販売内容を調整すると発表した
まだ内部議論中らしいから最終的にどうなるかわからんけどな

  • 2016/03/17 (Thu) 06:15
  • 返信
-  

困った時は最悪のタイミングを見計らって最悪の選択をするお国柄だもんな
楽しみだわ

  • 2016/03/17 (Thu) 12:36
  • 返信
-  

なんだこれ・・
期待してたのに開始前から末期じゃねえか

関連記事