Tencent 中国に「eスポーツの町」を建設へ。蕪湖市が枠組みに合意 はてなブックマーク - Tencent 中国に「eスポーツの町」を建設へ。蕪湖市が枠組みに合意

テンセントは、中国安徽省の蕪湖市と、eスポーツをテーマにした産業区建設の枠組みに合意したと発表した

tencent_esports_town.jpg

テンセントは蕪湖市と協力し、eスポーツのテーマパークや、eスポーツを研究する大学、文化創造公園、アニメ産業区、大規模なクラウドデータセンターなど、「eスポーツの町」を作ろうとしているようだ。

将来的にはテンセントが企画・運営するeスポーツイベントも蕪湖市で開催する計画だという。



2017年現在、中国最大のIT企業であり、世界最大のゲーム企業でもあるテンセントは、League of Legends開発のRiot Gamesやクラッシュオブクラン開発のスーパーセルなどを傘下に収めている。

ソース: 新浪遊戯
コメント

Comments 1

コメントはありません
-  

無駄にだだっ広いと何でも作れてええな

関連記事