【黒い砂漠】 海外進出のノウハウは「先入観を捨てること」 はてなブックマーク - 【黒い砂漠】 海外進出のノウハウは「先入観を捨てること」

2014年12月の韓国サービス開始以来、日本、北米、ヨーロッパ、ロシア、台湾、ブラジル、トルコ、東南アジアと次々に海外進出を行ってきた「黒い砂漠」の戦略とノウハウがオープンフォーラムで語られた。

bdo_knowhow_global.jpg


黒い砂漠が台湾に進出する際に、「台湾も既にスマートフォンゲーム市場が圧倒的だ」と否定的な意見が出たが、実際に台湾市場に進出すると、台湾最大のゲームサイトのランキングで1位を獲得した。

新規大作MMORPGの空白と既存の人気タイトルの老朽化により、成功の可能性があると判断して海外進出を進めていった

大量の文章がある黒い砂漠のローカライズは言語ごとに4000万円~5000万円程度かかる
海外展開のノウハウが蓄積した事で、最初の海外進出に100のリソースがかかっていたとすれば今は30程度で可能
黒い砂漠は2018年1月段階で12言語、120カ国でサービスが提供されている

オフライン広告は効果的な国が多いが、実際に広告設置場所に自ら足を運び、流動人口やどのようなタイプの人がいるのかを確認する必要がある

「黒い砂漠」の海外進出の際に、「大作ゲームにログインボーナスのようなものがあるのはどうなのか」という意見が内部で出たが、既にスマートフォンゲームでログインボーナスに慣れたユーザーが多かったため、ログインボーナスの導入でユーザーの残存率は向上した。



地域毎の文化的な違いを確認する事も重要
  • トルコではクリスマスという言葉を使うことができない。
  • ロシアではクリスマスは12月25日ではなく1月7日
  • 中東ではゲームの中ですら「神」という言葉を使ってはならない
  • 台湾は中華圏でもパンダではなく「黒熊」がマスコット的な存在
など


各国プレイヤーの他国バージョンへの意識

北米: 韓国サービスと比較する傾向
日本:韓国サービスと比較する傾向
韓国:北米サービスと比較する傾向
台湾:日本サービスと比較する傾向
東南アジア:台湾サービスと比較する傾向

他国版との違いにユーザーは敏感に反応するとのこと。



ARPPU(課金者1人あたりの平均売上金額)比較

日本>北米>韓国>台湾>ヨーロッパ>南米・トルコ・ロシア

ヨーロッパのユーザーは北米のユーザーよりも合理的な消費を好むようで、割引が行われている時に購入する傾向があるとのこと。


Pearl Abyssの戦略企画室長らは各国の市場に対する先入観や固定観念を変える事が海外進出する際には必要だと述べた。


ソース: inven

黒い砂漠 公式サイト
コメント

Comments 29

コメントはありません
-  

日本が一番売れてるのか
人工的にもてっきり北米かと

  • 2018/01/18 (Thu) 13:33
  • 返信
-  

1人あたりのって書いてあるのに

  • 2018/01/18 (Thu) 13:44
  • 返信
-  



課金者1人あたりの平均売上金額な

  • 2018/01/18 (Thu) 13:46
  • 返信
-  


1人当りの平均売上額だから、日本が一番売れてるっていうことではない。

  • 2018/01/18 (Thu) 13:52
  • 返信
-  

日本人は課金慣れしてるからね
勿論人数で言えばお察しください

  • 2018/01/18 (Thu) 16:19
  • 返信
-  

MMOとして課金額は大きいがプレイヤーは少ないからなー。
日本はバランス悪いよ。

  • 2018/01/18 (Thu) 16:35
  • 返信
-  

他の地域と比べて日本砂漠の総人口は低いかもだけど
過疎ってるかというとそうじゃなくて連日ピークタイムは全鯖で混雑状態だよ
開始1ヶ月までの人しか入れない初心者鯖まで混雑表示でるし新規も途切れる様子なし

  • 2018/01/18 (Thu) 17:26
  • 返信
-  

まだそんなに人いるんだ
鯖のキャパが少ないのかもしれないけど
今はこれかFF14しかないからかな

  • 2018/01/18 (Thu) 18:06
  • 返信
-  

なるほど一人あたりか。ごめんー
まぁ日本の課金者と課金額は異常だし納得した

  • 2018/01/18 (Thu) 20:52
  • 返信
-  

アバターデザインを日本受けの良い物にしたら売り上げが間違いなく爆増する!!!

  • 2018/01/18 (Thu) 21:38
  • 返信
-  

砂漠って放置で金策できるんでしょ。それが同接が高い理由
なんでそうなってるかといえば、ネカフェでの稼働率を上げる為

ググれば闇が見える

-  

放置できると言っても面白くなければ放置までしてプレイしないからな
まー砂漠はFF14と共にMMORPGの歴史に名を刻んだゲームであることは間違いない

  • 2018/01/18 (Thu) 22:16
  • 返信
-  

そりゃパッケ1000円で月額無料だしなw あとは放置で金策 乞食向けゲームってだけ
Steamでも FFは売り上げ額でシルバー賞なのに、砂漠の姿はどこにも見えず

-  

日本は課金アイテムが一番高いし一人当たりの金額が一番上になんのは当然だろw

  • 2018/01/18 (Thu) 22:55
  • 返信
名無しさん@Pmagazine  

黒い砂漠もSteamのベストゲームでシルバーだよ同接25000以上でFF14と同じ
黒い砂漠のsteam版は日本はおま国だから日本で見ると普通表示されないけどね

  • 2018/01/19 (Fri) 01:40
  • 返信
名無しさん@Pmagazine  

概ね一人当たりのGDP順ではあるな
日本人なんやかんやみんな金持ってるもんね
大企業勤めでも中小企業でも役職つきもヒラもあんまり給料変わらない低格差社会だし
その点アメリカとか超金持ちと超貧乏の差が激しい

  • 2018/01/19 (Fri) 01:49
  • 返信
-  

なんで毎回別ゲーの記事にFF14のこと持ち出す奴が現れるんだ
しかも14上げの内容ばっかだし

日本で1人当たりの課金額が高いのは課金アイテムをゲーム市場に流せるからじゃないかな?課金慣れしてる日本人は湯水のごとく金使うし
砂漠は作業ゲーなところとマゾレベリングで辞めたな
でもMOもどきのMMOと違ってオープンフィールドだったり、PvP意識しなければまったり遊べて楽しかった。
コメント書いてたらちょっと復帰してみたくなったな

  • 2018/01/19 (Fri) 10:33
  • 返信
-  

日本人の一人として和ゲーに頑張って欲しいとは思うが
客観的に見て、過去のオフ大作のナンバリングっていうアドバンテージがあるFFに比べて
何も無いところから始めて、結果これだけ実績作るってのは凄いんじゃないのとは思うね

-  

14の名前をなぜ挙げるのかって?
14を叩きたいだけの奴が引き寄せられるのを期待してるからさ

  • 2018/01/19 (Fri) 19:19
  • 返信
-  

あのクラスで性別固定と気持ち悪い韓国整形顔がなぁ・・・やろうとおもってもあれが無理や

  • 2018/01/20 (Sat) 06:22
  • 返信
-  

FF14と黒い砂漠は二大巨塔として
お互い手を取り合っていける存在

ドラクエやPSOは残念だけど世界は取れない

  • 2018/01/20 (Sat) 08:50
  • 返信
-  

性別固定は俺も受け入れる事が出来なかったなぁ。

その先入観も捨てて欲しかった…

  • 2018/01/20 (Sat) 12:26
  • 返信
-  

>砂漠って放置で金策できるんでしょ。それが同接が高い理由

他人のレアアイテム獲得やら強化成功失敗やら取引所登録やらが全体に通知されるシステムでそれが常時ながれっぱだからだから不在放置だけじゃなく人がいるのは実感できるようになってるけどね
なんか煽られてる感もあるけど無言で突っ立ってるキャラだけは多いだけの状況よりはうまいシステムだとは思う

  • 2018/01/20 (Sat) 19:20
  • 返信
-  

顔なんて気に入らないなら自分でカスタムすればいいじゃないか
有名人の顔作れるくらい自由度高いぞ

  • 2018/01/20 (Sat) 21:34
  • 返信
-  

あそこまでいじれると大体ヤバいのが量産されるの多々あるからなぁ
実際日本砂漠も顔が崩れてる人多いし。PSO2とかにもいたよろろちゃんみたいな感じで

  • 2018/01/20 (Sat) 21:37
  • 返信
-  

むしろアレンジの幅は狭いほうだけどね

  • 2018/01/22 (Mon) 07:46
  • 返信
-  

砂漠はグラだけで他に語る面白さも大して無いと思うがな
あと、一人あたりの課金は
コア層しか残ってないから1人あたりが高いとも言えるだろ

-  

パッド用のUIを用意し、性別とロールを固定にしなければ、どんなゲームでも日本で勝負出来るよ

  • 2018/01/25 (Thu) 07:17
  • 返信
-  

放置金策ゲーはマイニングでリアル金策できないから嫌なんだよ
FF14なら月額払っても毎月10000円増えてく

  • 2018/01/25 (Thu) 11:23
  • 返信
関連記事