スマホMMORPG「リネージュM」 日本サービスに向けたグローバル新バージョンを開発中 はてなブックマーク - スマホMMORPG「リネージュM」 日本サービスに向けたグローバル新バージョンを開発中

NCSOFTは5月15日、MMORPG「リネージュM」のサービス1周年の記者懇談会を開催した。

LineageM_20180513.jpg

記者懇談会の中でNCSOFTは、「リネージュM」の今後のビジョンとして、原作のリネージュとの差別化を図る方針であることを明らかにした。

リネージュMは1998年発売のPCオンラインゲーム「リネージュ」をモバイル向けに移植したようなゲームであったが、今後は独自の路線を歩んでいくようだ。
その第一歩として、原作にはない「銃士」という新クラスを公開した。

また、リネージュMのグラフィックスをフルHDクオリティに改良する予定だという。

さらに、日本、中国、北米向けのリネージュM グローバルバージョンの開発計画が発表された。
このグローバル版は現行の韓国版、台湾版とは異なる新バージョンであるという。



▼銃士のトレーラー


ソース: inven
コメント

Comments 4

コメントはありません
-  

おっさん向け。
懐古的な意味だと個人的にはやっぱリネレボよりこっちかな。

リネレボでリネージュを知った若い奴らはローンチしたらコレをどう思うだろうか。
古臭い!とか絶対いわれるだろうなぁ

  • 2018/05/15 (Tue) 23:47
  • 返信
-  

多分そもそも「知らない」で終わる気がする

  • 2018/05/16 (Wed) 03:20
  • 返信
-  

今の時代にあのカクカクな紙芝居に耐えられるかなぁ

  • 2018/05/16 (Wed) 05:25
  • 返信
-  

UOのエンハンスドクライアントみたいになるわけだな

関連記事