ゲームの育成代行をしていた男が逮捕。過去の顧客のアカウント乗っ取りで はてなブックマーク - ゲームの育成代行をしていた男が逮捕。過去の顧客のアカウント乗っ取りで

いわき中央署は27日、スマートフォンゲーム「モンスターストライク」のアカウントを乗っ取ったとして、不正アクセス禁止法違反の疑いで千葉県に住む阿部圭悟容疑者を逮捕したと発表した

monsterstrike_image_02.png
同署によると、阿部容疑者は5月に福島県いわき市の男性のIDとパスワードを無断で使用してモンスターストライクのアカウントに接続した疑いがあるとされている。

阿部圭悟容疑者は、他人のアカウントのレベリング等を請け負う、いわゆる「育成代行」を過去2万件程行ってきたようで、育成代行の過程で入手していたパスワードやIDを不正に利用し、別の顧客の代行行為の効率を上げる目的で不正アクセスをしたとみられている。

育成代行で他人にアカウントを貸与する事自体が利用規約で禁じられているゲームがほとんどだが、運営側が対処するのが難しいとされており、育成代行でアカウント処分される業者は非常に少ないのが実情だ。

ゲーム運営会社が育成代行業者を見てみぬふりをしているのはさておき、IDとパスワードを教えたまま変更していないと、今回の事件のように代行業者に不正アクセスされてしまうという可能性も否定できないだろう。

阿部圭悟容疑者は逮捕容疑を認めているという。



ソース: NHK
コメント

Comments 0

コメントはありません
関連記事