「カウンターストライクオンライン」 3月6日で日本サービス終了 はてなブックマーク - 「カウンターストライクオンライン」 3月6日で日本サービス終了

ネクソンは、FPS「カウンターストライクオンライン」の日本サービスを2019年3月6日に終了すると発表した

cso_closure_jp.jpg

2009年8月12日(水)よりサービスを開始してから約9年間、皆様に喜んでいただけるサービスを提供すべく専心してまいりましたが、今後長期にわたりご満足いただけるサービスの継続が困難であるとの結論に至りました。



【重要】『カウンターストライクオンライン』サービス終了のお知らせ


カウンターストライクオンラインは、カウンターストライクをアジア向けに展開するために、Valveが監修し、ネクソンが2008年に開発したFPS。まだ韓国や台湾等ではサービスが続いているが、既にトルコや東南アジアではサービスを終了していた。
また、続編のカウンターストライクオンライン2は2018年2月に日本サービスを終了している。
コメント

Comments 3

コメントはありません
-  

本家Valveが出してるCSGOが無料化したからの決断だろうね
それよりもCSO2って続編の方が先にサ終してるのかよ・・

  • 2018/12/14 (Fri) 01:06
  • 返信
-  

steam版CSGOに流れる人が多いのかな?インターフェイスは日本語化されてるみたいだし。steamデータによるとPUBGやDOTA2に次ぐ第3位のプレイヤー数らしい。

  • 2018/12/16 (Sun) 14:56
  • 返信
名無しのサッカーマニア  

そもそもCS自体が日本じゃ…
というかアレが継続されてる理由が明らかに米国の関係があるわけで

  • 2018/12/21 (Fri) 13:48
  • 返信
関連記事