MMORPG「TERA」 韓国サーバーで4年ぶりにレベルキャップが引き上げ はてなブックマーク - MMORPG「TERA」 韓国サーバーで4年ぶりにレベルキャップが引き上げ

Blueholeは、MMORPG「TERA」の韓国サービスにおいて、12月20日にアップデートを実施し、レベルキャップを開放した

tera_img_012.jpg

2014年のアップデートで65に引き上げられて以降、約4年ぶりにレベルキャップが開放されることになる。

新たなレベルキャップは70。

このアップデートでは狩り場の改編がテーマとなっており、これまではBOT対策でフィールドにいるモンスターから得られる報酬は限定されていたが、価値のあるアイテムもドロップするように変更され、フィールドでのファーミングをこれまでよりも楽しめるようになったようだ。

また、これまでになく強力なフィールドボスモンスターが配置されるという。

tera_75_0.jpg

tera_75_2.jpg

tera_75_1.jpg


2019年以降は「多様化」をテーマに既存コンテンツの改善や新たなコンテンツの追加が行われるとのこと。


ソース: TERA 公式サイト(韓国)

コメント

Comments 3

コメントはありません
-  

BOTがいなくなるほど過疎ってるのかw

  • 2018/12/20 (Thu) 19:54
  • 返信
-  

1.元々強めの中型が経験値も数少ないレアドロも美味しい
2.当初はMOを想定してた

この2点があるから元々BOTなんかほぼいないよ
当初裁判でアプデが止まったのが痛いけどBluehole(KRAFTON)はTERAをなんだかんで丁寧にアプデ繰り返して長期開発してるよね
アクションゲームとしてはMMOの中で屈指の出来だとやめて別ゲーに移った今でも思うから応援したいところ

  • 2018/12/21 (Fri) 02:16
  • 返信
-  

TERAはノンタゲアクションだからか他ゲーに比べてもともとBOT少なかった

いても直線を行ったり来たりしてMOBが照準に入ったら攻撃するみたいな
見るからに効率悪そうなのしかいなかった

関連記事