2019年以降期待のMMO トップ5 はてなブックマーク - 2019年以降期待のMMO トップ5

2019年以降に登場するMMOのトップ5を独断と偏見で紹介。

5. Project TL


開発:NCSOFT



Project TLは「リネージュ」のPC最新作。
もともと「リネージュエターナル」として長年に渡って開発が続けられたが、ベータテストの結果、現在の市場のニーズに適さないとして開発チームメンバーの入れ替えなども行い、ゲームエンジンをUE4に変更し、ゲームシステムも大幅に変更して「Project TL」として2017年から作り直されている。

リネージュエターナルと比較して自由度が大幅に向上し、フィールドもオープンワールドに。

"NCSOFTの全ての技術を結集して開発している"と説明されている。

開発コードネームの「TL」は「The Lineage」の略。

昨今、NCSOFTがスマートフォンにその主戦場を移しつつあるため、プロジェクトが中止されてしまうのではないかという不安が付き纏っている。




4. New World


開発:Amazon Game Studios


あの「Amazon」傘下のゲーム開発スタジオで作られているサバイバルMMO。

アマゾンウェブサービスのクラウドコンピューティングを活用しており、全く新しいゲームプレイ体験を生み出すとされている。

現段階では多くの情報は公開されていないものの、17世紀が舞台となっており、広大な世界を探索したり、物を作ったり、領土を支配したりといったサンドボックスのゲームプレイが特徴となっている。

New World 公式サイト



3. Ashes of Creation


開発:Interpid Studios


Ashes of Creationは2016年に初公開されたMMORPG。

既存の多くのMMORPGは、世界の姿が固定されておりアップデート以外ではほとんど変化しないが、Ashes of Creationの世界はプレイヤーの行動次第で都市が繁栄したり衰退して滅んだりといった変化がリアルタイムで発生する。

オープンワールドのほとんどのエリアに家を作れるハウジングシステムや、プレイヤーの能力や行動に応じて行動が変化する敵AIなども特徴となっている。

開発者は、インスタンスコンテンツで失ってしまったMMORPGの「壮大さ」「大規模さ」を再び取り戻したいとしており、「真の次世代MMORPG」を目指すという目標を掲げている。

残念ながら2019年にはリリースされない。

Ashes of Creation 公式サイト



2. A:IR


開発:Krafton (旧:Bluehole)



「TERA」の開発元で、「PUBG」開発元の親会社として知られるKrafton(Bluehole)によるMMORPG。
本作のディレクターもかつてのTERAのディレクターだった人物が担当している。
かつて「Project W」というコードネームで呼ばれていた。

機械文明と魔法が共存する世界を舞台とし、大規模なものから小規模なものまで飛空艇での空中戦が特徴。

既に日本サービスの配信権をゲームオンが契約済み。



1. Lost Ark


開発:Smilegate RPG




俯瞰視点のMMORPGで、ダンジョン、レイド、PvP、製作、採集、さらには航海など、MMORPGおなじみのコンテンツが大量に詰め込まれている。

派手な演出がリアルタイムで処理されたシネマティックダンジョンもウリの1つ。

技術的に革新的なゲームではないものの、全体的に高水準な作りが評価されている。

ここに挙げたタイトルの中では既にサービスが提供されている唯一のタイトルで、韓国サービスでは大きな注目を集め同時接続者数30万を記録した。




番外編: ペリア・クロニクルズ


開発元:Thing Soft



本作がトップ5のランク外となってしまったのは、2016年からこれといって新しい情報がないのと、開発がかなり難航してしまっている実情がある。

ペリア・クロニクルズは、2011年に「Project NT」として発表されたサンドボックスMMORPG。
アニメ風のグラフィックスとカードバトルのような戦闘システム、そしてなにより、ほぼ1から全てが作れるビルディングシステムが特徴。

開発は続けられている事が公式側から説明されているが、難航しているのは明らかだ。
ネクソンの内部関係者によると、技術的に商用サービスに間に合わない部分を簡素化するなどし、2019年にオープンベータテストを実施するべくスケジュールを組み直したようだが、サンドボックス部分が簡素化されたとなると不安しかない。
コメント

Comments 27

コメントはありません
-  

ペリアはどうなんだろう
期待はしてたけど韓国テストの際全体的にあかんやん…ってなってたし
韓国は色々新作は出るけどどれもしばらくロストアークと比べられそう

  • 2019/01/01 (Tue) 21:17
  • 返信
-  

どれも2019年内にCβさえこなさそうwロストアークはもう始まってるけど日本に来るか怪しいね・・・

  • 2019/01/01 (Tue) 22:28
  • 返信
-  

全体的にピンとこないな

  • 2019/01/01 (Tue) 22:43
  • 返信
-  

ロストアーク以外、ダメそうな予感

  • 2019/01/02 (Wed) 03:44
  • 返信
-  

FFは今年拡張で新種族に新ジョブだし、また覇権ですなぁ

-  

New Worldには期待してるが、まだ数年は来る気がしない

  • 2019/01/02 (Wed) 06:48
  • 返信
-  

全くの未知数ということでNew Worldに期待

数少ない大作MMOとして日本サービス決まってるA:IRも一応期待してるけど今年中に来るか微妙なライン

ペリアはもはやいつ完成するのかよりいつ開発打ち切るのかって感じになってる

-  

韓国産で話題作のLost Arkが日本こないってあまりピンとこないんだよなー
日本運営ないならグローバルサーバーでも作るつもりなんじゃないの

  • 2019/01/02 (Wed) 09:41
  • 返信
-  

lostarkは今年からロシアで始まるけど流石にping酷そうだしな(´Д`)

  • 2019/01/02 (Wed) 10:42
  • 返信
-  

このうちのいくつが2019年内に日本にやってくるのか…w
やっぱ国内でのコミュニティあってのネトゲだわ

  • 2019/01/02 (Wed) 11:23
  • 返信
-  

Ashes of Creationはバトロワ以外のコンテンツ良さそうだけど
日本には絶対来ないんだろうなーやっぱつれえは

  • 2019/01/02 (Wed) 13:21
  • 返信
-  

ペリクロはもう諦めた
TLも諦めた
もう何も期待できない。。

  • 2019/01/02 (Wed) 20:13
  • 返信
-  

MMO自体が時代遅れ

  • 2019/01/03 (Thu) 00:20
  • 返信
-  

時代遅れ以外のオンゲがおもんないのも考え物だな
オフゲは論外だし

  • 2019/01/03 (Thu) 04:12
  • 返信
名無しのサッカーマニア  

>MMO自体が時代遅れ

それも一周回って時代遅れの発想。実際今のプレー人口見たら、今はFPSが完全に定型化してて新作はあってないようなものになってしまった。新境地のバトロワ系だけが伸びてる状況。ハクスラもRTSもほぼ全滅し残ってるのはMobaだけだがMobaはlol以外まず残るとは考えにくく新作などでない。スマホゲーは海外で流行る要素はなく完全にガラパゴス。

バトロワ系FPS除くと、今あるやたらと人がいるネトゲってSteamみたらわかるけどArkやRust。atlas、コナンみたいなサバイバル系のアーリーアクセスしかないっていう。黒い砂漠やFF14みたいなWoWクローンはソレより更に人が少ないわけだしな。

  • 2019/01/03 (Thu) 10:43
  • 返信
-  

AIRのツイッター、スクショしかツイートしないし本当にやる気あんのか?

  • 2019/01/03 (Thu) 13:21
  • 返信
-  

30〜100人程度の小規模なMMORPGがこれからの流行りなんだろうね
昨年、吉田がMMO復活の兆しを発言してたりする
atlasの注目度高いままだし、Fallout76もその路線
最適化されたゲームが発売されたら人気が爆発するだろうね

  • 2019/01/03 (Thu) 17:18
  • 返信
-  

MMOが廃れたって言うか単純に色んなジャンルのオンラインゲームに平等に別れて来てるだけな気がしてきたぞ最近。
勿論MOBA→100人サバイバルみたいな流行りはあったけどそう言うのも結局ジワジワ鎮静化してくのが分かったし
ジャンルが生まれた時の瞬間風速が過ぎたのを「廃れる」って呼んじゃいけないと思う

  • 2019/01/03 (Thu) 20:44
  • 返信
名無しのサッカーマニア  

>30〜100人程度の小規模なMMORPGがこれからの流行りなんだろうね

どうだろう規模的には結構ゲームによって差があるけど、総じて言えるのはサバイバルやらサンドボックス、バトルロワイヤルみたいなテンプレートのMMO以外しか残ってないとは言えると思う。ただmobを殴るだけのゲームはハクスラにしか人が残ってない。
前は鍵がPvPだと思われててPKの話やUOの話eスポーツ的な話で、PvPを作り込んだゲームが多かったけど。今ってPvP雑でもMinecraftやらARKみたいなサンドボックスとかで人いたりするし実はキーはPvPじゃなかったんだろうね。ある程度の難易度を作り出せなかった初期のMMOは人間がそのシステム的な役割を果たすしかなくて結局PvPになっていたんじゃないかなって思う。

  • 2019/01/04 (Fri) 13:40
  • 返信
-  

旧FF14からMMOデビューしてまだ、日が浅い新参者なんですけど、国内て中々大型タイトル来ないんですかね?今は黒い砂漠プレイしてますけど、それ以降日本に来る大きなタイトルで期待できるのってA:IRくらいししか思い浮かばないし、lostArkプレイしてみたいけど日韓関係でこないこととかあるのかな?
個人的にAshes of Creationが面白そうだけど日本には来ないんだろーなと感じました。

  • 2019/01/04 (Fri) 15:11
  • 返信
-  

事情が色々あったとも聞くが、WOWもGW2も来てない日本だからね
ハングルは勘弁だが、来るか来ないか分からないものを待つより、グロ鯖なりNA鯖なりで遊んだほういいと個人的に考える
ありがちな日本独自仕様でストレス感じることも無いし

-  

韓国ゲーはよくローカライズしてくるけどおま国仕様と日本だけ課金がエグかったりするからね
WoW含めてGW2みたいな洋ゲMMOは日本に来ないって言うか当時の日本ゲーマーと日本ゲーム会社が洋ゲに対して拒絶の意思表示激しくて
鎖国気味だったからお流れになってそのまま放置され続けてる

  • 2019/01/04 (Fri) 17:05
  • 返信
-  

MMO時代遅れって言ってもスマホゲーなんか更にやることなくて周回ばっかりのグラブル見たいのしかないからな
15年前くらいのクオリティだけど人が沢山いるから無理してやってる人ばっかりだし
なんだかなぁって思うわ

あんな携帯ゲーム(スマホ)の容量で面白いものなんて永遠無理だろうね

  • 2019/01/04 (Fri) 17:32
  • 返信
-  

>技術的に商用サービスに間に合わない部分を簡素化するなどし、2019年にオープンベータテストを実施するべくスケジュールを組み直したようだが、サンドボックス部分が簡素化されたとなると不安しかない。


ぺリアのこの技術的にもう無理だからって話が特にもう終わってる感あるな。

この中だとNew WorldがAmazon本体の技術力・知名度もあってローンチもしくはテスト時は話題性あるだろうな。

ゲームとしては面白くなかったとしても、技術的には凄い物を見たいから期待。

  • 2019/01/05 (Sat) 22:58
  • 返信
-  

開発元企業の体力的な意味で、New Worldに期待かな
MMORPGの開発って結構な金と時間かかるみたいだし
その点アマゾンなら開発続けられるでしょ

ただ、向こうの企業ってこりゃダメだってなったらスッパリ切るから
その点は不安だけどw

  • 2019/01/07 (Mon) 05:50
  • 返信
-  

MMOはもうこのままWoWの食い残した残りカスを他のみんなで分け合うという状態から変わらずにどんどんフェードアウトしてくんだと思う

RPG全体として見るとWoW以外ではPoEがまあまあ検討してるから
やっぱ狙うべきはディアブロクローンなんだと思う

-  

こーどべいん

  • 2019/03/10 (Sun) 23:03
  • 返信
関連記事