スマートフォンゲームがつまらない根本的な理由。『ゲームにおける越えるべき障害』 はてなブックマーク - スマートフォンゲームがつまらない根本的な理由。『ゲームにおける越えるべき障害』

面白いゲームもあるが、つまらない取るに足らないゲームも多いモバイルゲーム。
なぜモバイルゲームは退屈と感じるものが多いのか、その根本的な理由を解説。

mobilegamingboring_wht.jpg

そもそもなぜ筆者がこの記事を書こうと思ったのかというと、とある比較的大作なスマートフォンゲームをプレイしたPCゲーマーが「このゲームをプレイする理由が特に見当たらない」という感想を述べていたからだ。

「つまらない」という理由でプレイしないのではなく、「プレイする理由がない」という感想はなかなか興味深いものだ。
その根本的な原因はどこにあるのだろうか。


ゲームは「障害」を乗り越えて先に進むもの


基本的に、ほぼ全てのゲームは何かしらの「障害」を乗り越えて、先に進み、クリアを目指すものとなっている。

最も典型的なのがファミコンの「スーパマリオブラザーズ」で、マリオの行く手にはクリボーやノコノコといった敵がいたり、落ちたら死ぬ穴があったり、ジャンプして越えなければ行けない場所があったり、とにかく障害物を乗り越えていくゲームだ。

smbrs_h.jpg


MMORPGにおけるレイドもまさに障害そのもの。
ボスの様々な攻撃を乗り越えてクリアを目指す。

サッカーゲームなら、相手のディフェンスという障害を乗り越えてゴールを決めることになる。

FPSなら襲ってくる敵という障害に対処することになる。


スマホゲームの「いともたやすく越えられる障害」


モバイルゲームを退屈に感じる根本的な理由が、この障害の弱さだ。

モバイルゲームにも、もちろん障害となる存在は登場するわけだが、とにかくこれを打破するのが簡単である。

ダークソウルやSEKIROのようなゲームと比較すれば一目瞭然だ。
コアゲーマーからは簡単だと言われることの多いドラゴンクエストのようなJRPGの戦闘と比較してもスマートフォンゲームに登場するのは幾分容易い障害である。

特にモバイルゲームの序盤~中盤あたりは、適当にプレイしていてもクリアすることができる。

モバイルゲームは、スーパマリオブラザーズで例えるなら、ずっと平坦なステージに極稀に敵キャラが出てきて、あらゆる場所にスターやキノコが出てくる「?ブロック」が配置されているようなものだ。


ユーザーにやめてもらっては困る


スマートフォンゲームはあえて障害を簡単に越えられるように設計されている

有料のゲームは別として、アイテム課金制の基本プレイ無料のスマートフォンゲームは、とにかくプレイヤーにそのタイトルを続けてプレイしてもらう必要がある。
いくら廃課金者でも、人がいなくなったゲームに課金しようとはなかなか思わないだろう。

特にスマートフォンゲームはカジュアルゲーマーが多い。
越えるのが困難な障害が登場した場合、もしかしたらゲームをやめてしまうのではないか?、そんな開発の不安から、スマートフォンゲームにおける「障害」はとても弱く、簡単なものに設定されている。


ゲームプレイ自体への満足でカバーできない


スマートフォンゲームが、「ゲームサービス」だからという理由で、障害が簡単に設計されているわけではない。

PCやコンソールでもゲームサービスとして運営されているものは多数存在する。

重要な違いは、モバイルゲームでは、壁に当たった時のフラストレーションをゲームプレイ自体への満足感で相殺できないということだ。

スマートフォンは操作性に限界がある。
操作感や爽快感に満足できるといってもそれはあくまでスマートフォンというプラットフォーム内での比較にすぎない。
カードゲームやターン制の戦略ゲーム、音楽ゲームならともかく、アクション等でキャラクターを自在に操作するという観点ではPCやコンソールには遠く及ばないのだ。

したがって、越えるのが難しい障害に直面した際、只々フラストレーションを感じるだけで終わってしまう可能性がある。

だからこそ、その障害は簡単に越えられるようになっているわけだが、その度合が極端なため、単に「作業」をしているように感じられてしまう。
何かを攻略したり、何かを越えること自体が目的というより、作業をして報酬を得ることが目的になってしまっているゲームが多い。
それが、スマートフォンゲームがつまらないと感じる理由、プレイする理由がない原因だ。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのようなRPGも戦闘はコマンド式で大差ないと思う人もいるかもしれないが、シングルプレイのRPGには「探索要素」が存在する。そういった探索要素はスマートフォンゲームの場合、なかなか実装しづらい。

まとめ

  • アイテム課金制のモバイルゲームはプレイヤーに続けて遊んでもらう必要がある
  • カジュアルゲーマーがやめてしまわないように簡単に乗り越えられる障害
  • 簡単にしたせいでゲームプレイに作業感が生まれる
  • PC・コンソールゲームほど操作自体に満足感が得られない


乗り越えることで満足や達成感を得られるほどの障害がない、さらには操作自体の満足感も少ない。もし似たようなゲームで両方を存分に得られるPC・コンソールゲームがあるのなら、確かにそんなモバイルゲームは「プレイする理由がない」と感じてしまうだろう。

逆に、リズムゲームや音楽ゲームはスマートフォンというプラットフォームを存分に活かすことのできるジャンルだ。
タッチ操作はこれらのジャンルでは高い満足度を与え、難易度を上げてもリズムゲームをプレイすること自体の楽しさによってフラストレーションを感じにくい。しっかりと、乗り越えることで達成感を得られる「障害」をプレイヤーに与えることができる。
コメント

Comments 0

コメントはありません
関連記事