プレイヤーがゲームに復帰するためのきっかけを作る「リターントリガー」とは はてなブックマーク - プレイヤーがゲームに復帰するためのきっかけを作る「リターントリガー」とは

SEGAやPocket Gamerでモバイルゲームのコンサルタントを担当し、著書「Free-to-Play: Making Money from Games You Give Away」で知られるWill Luton氏が提唱している「リターントリガー」について紹介

ゲームを延々と24時間365日プレイできる人間はいない。
したがって、ゲームに熱中している時期であっても必ず「離脱」は経験することになる。
この離脱をした後、ユーザーが再びゲームに復帰するきっかけを作るのが「リターントリガー」だ。


return_trigger_loop.jpg

休止期間が1時間だろうと1日だろうと1ヶ月だろうと、そのゲームに戻ってくるきっかけを作る事が必要である。

Will Luton氏は2013年に著書の中でリターントリガーについて言及しているが、リターントリガーは主に次の6種類がある。



アポイントメント・トリガー


Appointment Triggers

アポイントメント・トリガーは、基本プレイ無料のゲームで最も良く使われているリターントリガー。

プレイヤーが決められた時間に決められた行動をすることで報酬が手に入ることを「約束(appointment)」することで、ゲームに復帰させようとする試み。

「ログインボーナス」「1日1回ガチャ無料」「デイリークエスト」「スタミナ回復」といったものから、ゲームの中で「◯◯が完了するまで××時間」という仕組みを設けることもある。

プレイヤーのライフサイクルに合わせてルーチンワーク化させることで、日常習慣のようにゲームを起動させることが目的だ。

アポイントメントトリガーの場合、ゲームをしばらく休止している人を復帰させるというよりも、アクティブプレイヤーに対して数時間から数日以下の休止期間から復帰させるという動機付けである。

人によっては、報酬を逃すまいと1日1回以上必ずログインしないと落ち着かなくなるほど習慣化されてしまうこともある。




コンペティティブ・トリガー


Competitive Triggers

コンペティティブ・トリガーは、「ランキング」のように、他のプレイヤーの行動によって誘発されたイベントを使うことで、プレイヤーの競争心を刺激するもの。

PvPのように勝敗がはっきりわかれるものは、他のプレイヤーを倒した時に感情的な反応を強く誘発し、もう1回対戦したいという欲求につながる。

ゲームセンターでも昔から画面にランキングを表示させたり、最高スコアを表示させるなどしていて、競争心を刺激するように設計されていた。

プレイヤー同士が直接対戦しないゲームであっても、スコアやクリア時間などを競い合う要素がゲームを再びプレイするきっかけとなることもある。

コンペティティブトリガーは、ゲームが持つ競技としての純粋な魅力に基づいたリターントリガーである。




ソーシャルコミットメント・トリガー


Social Commitment Triggers

ソーシャルコミットメント・トリガーは、プレイヤー同士がお互いの発展や進歩のために必要とし合う義務感に基づいたもので、最も強力なリターントリガーとして機能する。

オンラインゲームのギルドやクランのようなコミュニティがこれに該当する。

ゲームで他のプレイヤーが時間を費やした努力は、ゲームプログラムの機械的要素よりもはるかに重要であり、「他の人が自分のために時間を使ってくれたのだから自分もゲームに戻らなければならない」という社会的連帯感と責任感を感じることになる。

ソーシャルコミットメントトリガーは非同期型のゲームでも機能する。

一方で、他のリターントリガーと比べると、MMORPGのギルドのようなものはプレイヤーが加入してなおかつギルドメンバーとの社会的連帯感を築く必要があり、リターントリガーとして機能するまでに多少の時間がかかる。



ロケーション・トリガー


Location Triggers

ロケーショントリガーは、「適切な場所」でプレイしていることに対して報酬が提供されるというもの。

最もわかりやすいのは「ポケモンGO」のようなARゲーム。

位置情報を近くの店舗やランドマーク、公共のスペース、街路に関連付けることでコンテキストを付与し、プレイヤーに感情的な繋がりを提供して領域感覚を強化している。

日常生活にかなり紐付くため、「この場所に来たからゲームをしよう」という動機を誘発できる。

Will Luton氏は2013年に「ロケーショントリガー」という言葉を著書の中で使っているが、同年にIngressが登場し、その3年後に「ポケモンGO」が位置情報を活用したゲームとして世界的に大ヒットとなった。スマートフォンで位置情報がゲームに活用でき、それがプレイヤーをゲームに復帰させる事に貢献できることを予見していたようだ。




セールアンドイベント・トリガー


Sales and Events Triggers

多くのゲームで見かける、「期間限定イベント」や「期間限定セール」がセールスアンドイベントトリガーに該当する。

クリスマスや正月、バレンタインデー、ハロウィンなど、現実世界のイベントにゲーム内のイベントを結びつけ、プレイヤーに利益を与えてリターントリガーを誘発する。

通知やメールなどで「期間限定イベント開催中」などと宣伝して復帰させる試みもある。

オンラインゲームやモバイルゲームがここぞとばかりに期間限定イベントを開催するのは、もちろんアクティブプレイヤーのモチベーションを上げるためでもあるが、ゲームを休止している人に復帰するきっかけを与えるリターントリガーとしての意味合いも大きい。

最近では少なくなった月額課金制のオンラインゲームでは期間限定で無料といったイベントを開催することもあった。

ただし、あまりにも頻繁に期間限定イベントを行うと、イベントの価値が失われてしまう。




ナッジ・トリガー


Nudge Triggers

ナッジ・トリガーは、リターントリガーの中では最も弱い。

プレイヤーだった人に直接連絡をしてゲームに戻るように促すもの。

スマートフォンの通知を利用して知らせたり、アップデートの情報が書かれたメールを送るといった形式が取られる。

他のリターントリガーよりも成功率は低く、最後の手段ではあるが試す価値はある。



Free-to-Play: Making Money From Games You Give Away (English Edition)


ソース: Gamasutra
コメント

Comments 14

コメントはありません
-  

アポイントメント・トリガーは有効だけどライフサイクルに合わせて、というよりライフサイクルをゲームの方に合わせるようになっちゃうから、自己責任と言えばそれまでだけど害悪だなと思う
ログボやイベント系は当然としてスタミナ管理に合わせて就寝・起床時間とか決めるようになったら末期よ

-  

復帰の足掛かりを作ると言えば聞こえはいいが、どうやってプレイヤーを縛り付けるかでもあるわけだからね
これらが多ければ多いほどやらされてる感が強くなって個人的には疲れるだけだ

-  

その通りでユーザー視点でいうと最終的に「苦痛」に変化する手法ばかりでお粗末極まりないよね

  • 2019/05/01 (Wed) 09:38
  • 返信
-  

FPSやMOBAが一々コンテンツ追加したりイベント打たなくても比較的ユーザーを維持しやすいのを見ても分かるようにユーザー同士の競争心で繋ぎ止めるというのが健全かつ最強
大抵のMMOのエンドコンテンツが対人であるのもこのため
ランキングとかを意識しすぎるとストレス要因にはなるけどこれはゲームに限った話じゃないしね

-  

SEGAのモバイルゲームのコンサルって時点でお察し。

  • 2019/05/01 (Wed) 12:08
  • 返信
-  

基本無料のゲームとか、継続してもらってお金を落としてもらわないとってゲームに対しての手法だと思うんだけど
たまに最近は下位きりのゲームとかにも無意味に入ってたりするから何のためにあるんだこれはって思っちゃう事ある

  • 2019/05/01 (Wed) 12:35
  • 返信
-  

会社をクビにされまくりな無能のご意見ですかw

  • 2019/05/01 (Wed) 18:58
  • 返信
-  

めちゃくちゃ必死こいてやってても2,3日間が空くと途端にどうでもよくなってリターンする気なんかなくなるのがソシャゲー

-  

これらはもしかして熱量を逆転させる仕組みなのでは?

  • 2019/05/03 (Fri) 02:57
  • 返信
-  

ナッジ・トリガーは確かに弱いな
FF14でも時々復帰呼びかけキャンペーンのメール来るけどこういうのは
現役プレーヤーだとやる気削ぐんだよな
まぁでも一緒に遊んでたプレーヤーを呼び戻すなんてこういうきっかけでもないと
プレーヤー側からはやることないだろうしやらないよりはいいのか

  • 2019/05/03 (Fri) 10:06
  • 返信
-  

4コメに同感
ユーザーに楽しんでもらおうって意識をまるで感じない文章だね

  • 2019/05/03 (Fri) 10:32
  • 返信
-  

そういえば一番戻る可能性の高い「やりたいと思った時」みたいなのが無いな
こんなのに頼らないで済んでるゲームこそ本当に面白いゲームなわけだし糞ゲーの目印か?

  • 2019/05/04 (Sat) 11:23
  • 返信
-  

そりゃー如何に能動的に働きかけて復帰を促すかというテーマで「やりたいと思った時」なんて100%ユーザー任せで糞の役にも立たん頭悪いことは言わんやろう

-  

Q復帰をどうやってさせる?
Aやりたいと思った時に勝手にする
はめちゃくちゃ意味のない答えだから流石にノーセンキュー

  • 2019/05/04 (Sat) 21:09
  • 返信
関連記事