「モンスターハンターオンライン」 中国サービス年内で終了へ はてなブックマーク - 「モンスターハンターオンライン」 中国サービス年内で終了へ

Tencentは、同社が中国で運営中のオンラインゲーム「モンスターハンターオンライン」(怪物猎人OL)のサービスを2019年12月31日に終了すると発表した

mhochina_graphicspowerup.jpg


モンスターハンターオンラインは、テンセントとカプコンが共同開発したモンスターハンターのゲームで、2015年にサービスを開始し、中国国内でのみサービスが提供されていた。

モンスターハンターとしては初めてCryENGINEを使って開発されたタイトルで、2015年当時ではモンスターハンターフロンティアと比較しても圧倒的に高いグラフィックス品質を誇っていた。

モンスターハンターオンラインは中国市場に合わせて設計されており、MHFともMHWとも全く異なる内容のものであった。

サービス終了の理由については、カプコンとの契約期間が終了し、モンスターハンターのコンテンツをプレイヤーに提供できないためだとしている。

サービス終了は12月31日だが、4月9日の段階で新規ユーザー登録は終了した模様。



ソース:モンスターハンターオンライン公式サイト


goodbye_mho.png


コメント

Comments 5

コメントはありません
-  

日本に来るかと思ったら結局こなくてどんな内容かも分からなかったな

-  

そもそも本家のモンハンが中国から締め出し食らってるのに契約延長するわけ無い
流石のカプコンもキレてる

  • 2019/04/10 (Wed) 16:48
  • 返信
-  

メゼポルタ廃村記みたいに期限だけ延びてただけじゃねーの

  • 2019/04/10 (Wed) 21:59
  • 返信
-  

中国は人気のサービスがあると
1.中国から締め出す
2.パクって中国内でサービス開始
だからね。似たようなのあるんじゃない?
10億以上も人がいると、海外展開なんてしなくても商売になっちゃうからね。

  • 2019/04/11 (Thu) 21:41
  • 返信
-  

これ人気あったのか?

関連記事