Pearl Abyss「黒い砂漠」の韓国サービスパブリッシングを直接行う はてなブックマーク - Pearl Abyss「黒い砂漠」の韓国サービスパブリッシングを直接行う

Pearl Aybssは、これまでKakao Gamesが行ってきたMMORPG「黒い砂漠」韓国サービスのパブリッシングを5月30日より自社で直接行うことを明らかにした

bd_remaseted_056.jpg

これまで「黒い砂漠」の韓国サービスは、韓国の大手IT企業Kakaoがパブリッシングを担当し、Pearl Abyssは開発会社という立場だった。

しかし、Pearl Abyssは「黒い砂漠」と「黒い砂漠 Mobile」の2タイトルで急成長し、自社だけでパブリッシングが可能になったと判断。
Kakao Gamesとの交渉の結果、利用者データを引き継ぎ、契約期間が切れるタイミングで開発会社自ら直接パブリッシングを担当する事が決定したようだ。

この運営移管は韓国以外のサービスには影響は与えない。

Pearl Abyssは既に「黒い砂漠 Mobile」では日本や台湾などでも開発会社自らサービスを運営している。


ソース: inven
コメント

Comments 8

コメントはありません
-  

仕事内容全然違いそうだけど大丈夫なのかな
自社単独のが稼げるんだろうけど

  • 2019/04/30 (Tue) 07:29
  • 返信
-  

そいやロシアどーなってん

  • 2019/04/30 (Tue) 10:10
  • 返信
-  

これ欲に目が眩んで破滅するパターンだよね

  • 2019/04/30 (Tue) 11:39
  • 返信
-  

ロシアは例の移管騒動のニュースが出たすぐ後になんか普通に和解して結局ワイプもなかったらしい

-  

モバイルの運営状況見てると破滅の未来しか無いような気がする

  • 2019/04/30 (Tue) 13:57
  • 返信
-  

↑同感

  • 2019/04/30 (Tue) 14:25
  • 返信
-  

台湾版は最初からPA運営だけど特に何事もなく運営してるっぽいから別段問題はないかと

-  

こういった儲けばかり気にした経営をしてるとそのうち必要な投資もしなくなって
破綻するという意味だよ
現にPAも新規ゲームを2,3は開発してたと思うけどさっぱり話を聞かなくなったからね

  • 2019/05/19 (Sun) 22:32
  • 返信
関連記事