ニューヨーク市警察 テロ対策訓練にVR導入 はてなブックマーク - ニューヨーク市警察 テロ対策訓練にVR導入

ニューヨーク市警察(NYPD)が、テロ対策部門の警察官の訓練にVRを導入したことが明らかになった
銃撃戦や人質事件などの実例に基づいて状況を再現し、VRヘッドマウントディスプレイを使って実戦さながらの訓練を行うというもの。

訓練にはアメリカのVR企業V-Armedが開発したプログラムが使用されている。

VRシミュレーションでは、実際の訓練では難しいような、学校における銃乱射事件や人質事件で死傷者が出ている状況も再現することができるという。

下の動画では実際の訓練の様子を見ることができる

コメント

Comments 6

コメントはありません
-  

軍事もVR導入してなかったっけ
そのうち他の救助活動系の部隊とかにも使われるのかな

  • 2019/05/07 (Tue) 18:59
  • 返信
-  

これ実際、めちゃめちゃ訓練効果あるだろうな

  • 2019/05/07 (Tue) 21:31
  • 返信
-  

経験で埋めるしかない訓練がVRで出来る時代

  • 2019/05/07 (Tue) 22:06
  • 返信
-  

退役軍人とかから募集したe-sportsチームを作るとかいう話が前にあったけど
こういうのでゲーマーと対戦するのも見てみたいなぁ
ゲーマー側はPC操作で

-  

アメリカの官庁は新しい技術を取り入れるのが早いね

  • 2019/05/09 (Thu) 00:06
  • 返信
-  

テロのたびに組む訓練用セットで跳び箱とかならんでる体育館で
「ここにエアバスなwあっち管制塔www」とかじゃなくて
作戦のロケーションそのままもってこれるのすげー有効だよなきっとw

  • 2019/05/12 (Sun) 14:10
  • 返信
関連記事